生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

高校説明会
エデュバル無料メルマガの魅力

2019.02.25

国際バカロレア(IB)の数学(Maths)カリキュラムが変更!何が変わった?

数学変更点(サムネ)

2019年度より、国際バカロレア(IB)の数学(Maths)カリキュラムに変更が加えられます。この記事では、何が変わるのか、どんな影響があるかについてEDUBALスタッフが解説します。

※この記事は、IBO(国際バカロレア連盟)の発表(以下リンク)をもとに執筆しております。各IB認定校が具体的にどのように対応するかはお答えできかねますので、各学校にお問い合わせください。

Maths curriculum changes (IBO)

国際バカロレア(IB)のMaths変更点をざっくり解説

今回のカリキュラム変更点をざっくり解説すると、数学(グループ5)の選択科目が変わったということになります。従来の数学(グループ5)は、「数学スタディーズ」「数学SL」「数学HL」「数学FHL」の4種類から選択することになっていました。これは難易度に合わせた設計となっており、数学スタディーズが最も初歩的な数学を扱い、数学FHLが最も高度な数学を扱う、という構成になっていました。

今回のカリキュラムでは、数学の選択科目が次の4つとなります。このカリキュラムは、2019年度のDP1年生から適用され、2021年のFinal Examはこの科目で実施されます。

・Math Analysis and Approaches(HL)
・Math Analysis and Approaches(SL)
・Math Application and Interpretation(HL)
・Math Application and Interpretation(SL)

国際バカロレア(IB)のMaths変更の背景は?

IBOの発表によれば、より社会の実情に合わせて変更するという説明になりそうです。テクノロジーの進歩に伴い、従来必要とされていたスキルの重要性が低下し、数学的な「クリティカル・シンキング」の必要性が高まっています。そこで、数学という科目の学習を通じて、数学が実社会においてどのように活用されているのかの理解を深め、今まで直面したことのない状況においても活用することのできる数学的思考力を鍛えていけるような学習体系に変更する、というのが今回のカリキュラム変更の趣旨です。

国際バカロレア(IB)のMaths変更後の科目はどう違う?

では、変更後の科目はどのような違いがあるのでしょうか?HLとSLの違いは、従来どおり難易度の差になります。そこで、Math Analysis and ApproachesとMath Application and Interpretationの違いについて以下にまとめます。

Math Analysis and Approaches

Math Analysis and Approachesは数学的思考力や分析力の養成に重点をおいたカリキュラムになっています。「微積」や「幾何学」など、現実の事象を数学的に分析するのに役立つ単元の学習の比重が高くなっています。

Math Application and Interpretation

Math Application and Interpretationは数学的に物事を描写(モデル化)し、問題解決へと導く力の養成に重点をおいたカリキュラムになっています。「関数」や「統計・確率」など、現実の事象を数学的に表現するのに役立つ単元の学習の比重が高くなっています。

科目選択はどうするべき?

通っている学校で両科目が開講されている場合、どのように科目を選ぶべきでしょうか?これは筆者の個人的な意見となりますが、将来専攻したい学問によって選ぶのというのが1つの手です。経済学や社会学などの分野では、複雑な要素が絡み合う社会を、統計などを用いて数学的に解析することが求められます。このような学問に興味がある人は、Math Application and Interpretationが役に立つでしょう。それに対して、工学や理学などの分野では、現実の事象を抽象的にモデル化し、何が起こっているのかを数学的に表現することが求められます。このような学問に興味がある人は、Math Analysis and Approachesが役に立つのではないかと思います。

国際バカロレア(IB)のMaths変更で大学入試はどうなる?

さて、今回の科目変更でもう一つ気になるのが、「大学入試はどう変わるのか」という点です。特に、日本の大学のIB入試ではこれまで、理系学部を中心に「Math HLを履修していること」や「Math HLで4点以上を取得していること」などが出願条件になっていました。これらの条件はどうなるのでしょうか?

結論から言えば、「大学の対応についてはまだ分からない」というのが実情です。変更後のカリキュラムでIBを履修した高校生が卒業するのは、まだ2年後ということになります。EDUBALも大学関係者へのヒアリングを行いましたが、「これから検討する」という回答でした。したがって、これからの大学の発表を待つしかなさそうです。

これも筆者の個人的な意見となりますが、将来的に医学部を始めとする理系の学部への進学を検討している方は、どちらの科目であれHLを取得することを目指したほうが良いと思います。これまでも、日本の大学は理系学部においては数学HLの取得を出願条件とすることが多かったため、Analysis/Applicationのどちらを選ぶにせよ、HLを取得するのが無難な対応だと考えます。

IB対策や海外大学進学でお困りの方はEDUBALにご相談ください

EDUBALは難関大学に通う帰国子女や元IB生の大学生教師と、家庭教師を探している現役IB生やPre IB生をつなぐオンライン家庭教師サービスです。

EDUBALでは、インターネットのビデオ通話を通して授業を行うため、世界中どこにいても授業を受けることができます。また、帰国子女大学受験を経験している教師も多く在籍しています。

これまでにも、
・Math IAを書くサポートをしてほしい!
・Mathの苦手な部分を対策したい!

などのお悩みを抱えた生徒さまに、IBを経験した大学生の教師をご紹介し、
オンライン家庭教師の指導によってIBの勉強のサポートをしてきました。

EDUBALには約600名のIB経験者の大学生が教師登録をしています。
実際にIBで高得点を取得した教師が、自らの経験に基づいてIBの勉強をサポートいたします。
東京大学や京都大学をはじめとする国内外の難関大学に通っている教師や、IBで40点以上を取得している教師も多く在籍しています。

実際に、EDUBALを受講した方からは、

「実際にIBを経験した方だったので、的確な指導をしてもらえた上に、日本語で教えていただけたことで今まで分からなかった点が理解できるようになりました。」

「担当の先生も過去に私と同じように英語力に悩んでいた経験があり、同じ悩みを抱えていた先生から指導を受けることができたのでとても参考になりました。」

といった声をいただいています。

現在、無料体験授業も実施しておりますので、IBや国内外の大学進学でお困りの皆さま、まずはEDUBALにご相談ください!

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る