生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

エデュバル無料メルマガの魅力

2019.07.02

TOEFLを利用して同志社・立命館・関西学院大学に合格したい!TOEFL iBTは何点必要?~帰国枠入試編~

2019-07-02 (2)

帰国子女の皆さんの多くはTOEFL iBTを取得されて大学受験に臨みますよね。今回は、関西圏の大学三校(同志社大学・立命館大学・関西学院大学)に進学したい方に向けて、帰国枠入試を実施している学部・TOEFLの点数目安・試験内容をご紹介します。また、同志社大学・立命館大学ではTOEFLを利用したAO入試も行われております。興味があるという方は、合わせてこちらの記事もご覧ください。

TOEFLと帰国枠入試:同志社大学

スポーツ健康科学部

【入試形態】海外修学経験者入試
【TOEFL点数】68点以上
【試験内容】書類選考・小論文・面接

同志社大学スポーツ科学部を帰国枠受験するには、TOEFL iBT68点以上が必要です。TOEFL以外にも、TOEIC・IELTSで一定以上の点数を取得していれば受験可能です。しかし、TOEFLで受験する場合、iBT以外では受験ができないので注意が必要です。また、必要な最低スコアは68点ですが、これはあくまでも最低限取っておかなくてはならない点数なので、合格を目指すにはさらに上を目指す必要があります。書類審査の際にTOEFLを提出し、実際の試験では小論文と面接があります。
同志社大学では、事前に提出した書類を重視する傾向にあります。TOEFLはなるべく良い点数を取って準備をしておきましょう。

TOEFLと帰国枠入試:立命館大学

グローバル教養学部

【入試形態】外国学校就学経験者
【TOEFL点数】68点以上(ライティング18点以上)
【試験内容】書類選考・面接

立命館大学グローバル教養学部を帰国枠受験するには、TOEFL iBT68点以上およびライティングは18点以上が必要です。TOEFL以外にも、IELTS・Cambridge C1 Advanced・PTEアカデミックで一定以上のスコアを取得していれば受験可能です。しかし同志社大学同様、TOEFLで受験する場合、iBT以外では受験ができないので注意が必要です。また、必要な最低スコアは68点ですが、これはあくまでも最低限取っておかなくてはならない点数なので、合格を目指すにはさらに上を目指す必要があります。書類審査では、与えられたテーマについての300ワード程度のエッセイを二つ英語で書いて提出します。本番の試験では、事前提出した書類を踏まえたうえで面接が行われます。
面接と書類選考のみなので、日本語が少し苦手だという方でも受けやすい学部です。

TOEFLと帰国枠入試:関西学院大学

総合政策学部

【入試形態】帰国生徒入試
【TOEFL点数】英語圏帰国:68点以上、非英語圏帰国:61点以上
【試験内容】書類選考・面接

関西学院大学総合政策学部を帰国枠受験するには、TOEFL iBTのスコアの提出が義務付けられています。英語圏からの帰国の人は68点以上、非英語圏からの帰国の人は61点以上が必要です。この学部では、TOEFLのみが英語能力測定試験として認められています。書類審査では、志望理由と自己推薦書も併せて提出します。志望理由書は英語で、自己推薦書は英語か日本語のどちらかで書きます。書類審査と面接のみであるため、しっかりとTOEFLのスコアをとっておきましょう。

経済学部・商学部

【入試形態】帰国生徒入試
【TOEFL点数】68点以上
【試験内容】書類選考・小論文・面接

経済学部・商学部を帰国枠受験するにも、TOEFL iBTのスコアの提出が義務付けられています。どちらの学部でもTOEFL iBT68点以上が必要です。この二つの学部では、総合政策学部とは違い、TOEFL iBTのほか、IELTSスコア5.5以上でも受験が可能です。また、経済学部では、志望理由書と自己推薦書も併せて提出します。この学部ではどちらの書類も日本語で書きます。書類審査はもちろんですが、本番の試験でも力を発揮することが大切です。


そのほかの学部

関西学院大学では、帰国子女入試を人気の国際学部をはじめとするほぼ全学部で実施していますが、TOEFLが必須とされている学部は経済学部・商学部・総合政策学部のみです。しかし、ほかの学部では必須ではないものの、教育学部以外では提出が望ましいとされています。また、社会学部では79点以上あると、試験の英語論述が免除になります。必要不要にかかわらず、関西学院大学を帰国枠受験する場合は、提出することをおすすめします。

関西の大学に合格するためにTOEFLの対策をしたい方へ

今回は関西の大学三校(同志社大学・立命館大学・関西学院大学)にTOEFLを利用した帰国子女枠で進学したい方に向けて学部やTOEFLの点数を紹介してきましたがいかがでしたか?
TOEFLは何度も受験することができる試験です。また、多くの場合は2年以内のスコアが有効として扱われます。そのため、なるべく早い段階から受験して、高いスコアを目指しましょう。早いうちにTOEFLの受験が終わっていれば、大学受験に向けた準備により長い時間をかけることができます。

「オンライン家庭教師EDUBAL」では海外在住の方のためにオンラインでTOEFL iBTの指導を行っており、みなさんと同じように帰国子女受験をした教師が多数在籍しております。また、TOEFL対策と並行して受験対策として志望理由書や小論文の指導を行うことも可能です。勉強のサポートが欲しいという方はぜひお気軽にお問い合わせください!

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る