生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

エデュバル無料メルマガの魅力

2019.02.13

帰国子女枠で明治大学に合格したい。TOEFL iBTは何点必要?

 

入試

 

帰国生入試で大学を受験するには、避けては通れないTOEFL iBT。海外で培った英語力をアピールするためにも絶対に気を抜けないテストですよね。
今回はスーパーグローバル大学にも認定されている明治大学に帰国子女枠で合格するために必要なTOEFL iBTスコアをまとめました。 外国人留学生の受け入れや、海外留学支援も積極的に行われている明治大学は帰国子女からの人気も高くなっています。明治大学に帰国子女枠で合格したい!という方は必見です。 ※以下の情報はいずれも2019年現在のものです。受験の際には必ずホームページ等を確認してください。

帰国子女枠で明治大学に合格したい!受験できる学部は?

明治大学では法学部でのみ、帰国子女枠を設けています。 しかし同大学は「グローバル型特別入学試験」という国際的な経験を持つ国内外の受験生を対象とした枠も設けており、こちらももちろん帰国子女として受験が可能です。こちらの受験法ですと政治経済学部にも受験ができます。

帰国子女枠で明治大学に入るにはTOEFL iBT何点必要?

帰国子女枠で明治大学を受験するにはTOEFL iBTで61点以上が必要です。

TOEFL以外でも、Goethe-Institut(ドイツ語)、DELF・DALF、TCF(フランス語)の外国語検定試験で一定以上の点数を取得していれば受験が可能です。しかし、TOEFLを利用しての受験の場合はTOEFL ITP・CBTのスコアは認められないので注意が必要です。

帰国子女枠受験に必要な最低スコアは61点となっていますが、これはあくまで「最低限取っておくべき点数」なので、合格を確実にするためにはさらに上を目指す必要があります。参考までに、EDUBALに在籍している明治大学の帰国子女枠合格者の中でのTOEFL最低点は77点でした。統一試験の点数は、成績の基準にばらつきがでてしまう学校の成績よりも、ライバルとの立ち位置を比較する上で重要な指標になります。帰国子女枠受験で明治大学合格を確実に目指すのであれば、75点以上を目安にすると良いでしょう。

書類審査を突破すると第二次審査では1200 字~1600 字程度の小論文、プレゼンテーションと面接が行われます。第二次審査に確実に進むためにも受験資格であるTOEFLスコアは余裕を持って早めにクリアしておきたいところです。

グローバル型特別入試で明治大学を受験するにはTOEFL iBT何点必要?

明治大学には帰国子女でなくとも、国際社会の様々な分野で先導的な役割を果たし得る人材を育成するために作られた「グローバル型特別入学試験」で受験をする手もあります。この受験法は政治経済学部(政治学科、経済学科、地域行政学科)でのみ行われています。

この受験法で必要な最低スコアはTOEFL iBTで68点となっています。帰国子女枠での受験と異なり、この入試方法ではTOEFL iBT 以外にもIELTS、TOEIC、英検などを利用しても受験ができます。有効な外国語検定試験とスコアは以下の通りです。

外国語検定試験 スコア
英語
  • IELTS
  • TOEFL iBT
  • TOEIC (L&R)
  • TOEIC (4技能)
  • TEAP(4技能)
  • ケンブリッジ英語検定
  • 国連英検
  • 英検
  • 6.0
  • 68点以上
  • 680点以上
  • 950点以上
  • 285点以上
  • 153点以上
  • B級以上
  • 準1級以上
ドイツ語 Goethe-Institut 統一試験 Goethe-Zertifikat B1 以上の級におい て総合点 6 割以上
フランス語 DELF・DALF 試験 DELF B1 以上の級において合格してい ること
中国語 HSK 筆記試験 3 級以上の級において総合点 6 割以上, 及び口頭試験中級以上の級において 6 割以上

 

以下のページでは、明治大学の帰国子女受験枠について記載しています。こちらも参考にしてください。
明治大学の帰国子女枠受験対策

帰国子女が明治大学に合格するには

まず、帰国子女枠で受験ができる法学部は明治大学でも人気の学部です。 過去には「日本で成人年齢が20歳から18歳に引き下げられたことについて、どのように考えるか」といったお題で小論文が課されたそうです。帰国子女枠で法学部への合格を確実にするには英語力だけでなく、日本の社会問題、法律に関する知見も必要となってきます。 さらに明治大学への合格を確実なものにするためには、英語力だけでなく他の受験者と差別化ができるアピールポイントが必要です。帰国子女枠受験・グローバル型特別入試共にTOEFLスコアは提出期限から遡って2年以内のものが有効となっていますので、早い内に最低スコアを超える点数を獲得しておく事が重要です。早い段階で最低スコアを越えられれば、日本語力の見直しや非英語圏であれば他言語の習得など他のアピールポイントを磨く余裕が生まれ、合格をより確実なものにできるでしょう。

明治大学に帰国子女枠で合格するために、TOEFL対策をしたい方へ

明治大学に帰国子女枠で合格するために必要なTOEFLスコア・対策法をご紹介してきましたが、いかがでしたか? 「オンライン家庭教師EDUBAL」では海外在住の方のためにオンラインでTOEFL iBTの指導を行っており、法政大学をはじめとする帰国子女から人気な大学に合格した教師が多数在籍しています。TOEFLのスコアアップだけでなく、帰国子女枠受験のための面接や小論文対策を合わせた指導も可能です。似たような経験を持つ教師に教えてもらいたい!帰国受験に向けてTOEFLと面接対策を同時に指導してほしい!など様々なニーズにお応えできますので、まずはご相談ください!

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る