生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2019.10.11

日本と海外、両方の大学を卒業できる?ダブル・ディグリー(デュアル・ディグリー)プログラムについて


「海外の大学に行きたいけれど、学費は高いし生活費もかかるから、奨学金をもらわない限り行けないかなぁ。」

「将来海外で働きたいなら、やっぱり海外の大学に行かないとチャンスがないのかなぁ。」

「日本人なんだから、日本の大学に行きたい。でも海外の大学のキャンパスライフも憧れる!両方経験できる方法はないのかなぁ。」

進路を考えるとき、日本の大学に行くべきか、海外の大学に行くべきか、悩む方が多いでしょう。

こちらの記事では、そのように迷っている方に一つの選択肢として、日本の大学に在籍中に海外の大学に留学し、卒業時に2つの学位を取得できる、「ダブル・ディグリー・プログラム」と「デュアル・ディグリー・プログラム」についてご紹介いたします。

「ダブル・ディグリー」「デュアル・ディグリー」とは?

文部科学省の定義では「我が国と外国の大学が、教育課程の実施や単位互換等について協議し、双方の大学がそれぞれ学位を授与するプログラム」を「ダブル・ディグリー」と呼びます。つまり日本の大学に入学し、その大学が提携している海外の大学へ1年間以上留学すると、卒業するときには日本の大学と留学先の大学、両方の学位を取得できる制度ということです。こちらが日本の大学で一般的な「交換留学プログラム」と異なる点です。

「ダブルディグリー」「デュアルディグリー」「パラレルディグリー」「複数学位制度」「ジョイントディグリー」など、色々な呼び方があり、またプログラムの内容も教育機関によって多少違うようです。しかし、今回の記事では卒業時に2つの学位を授与するプログラム」について詳しく解説していきたいと思います。

メリット

各大学のプログラムによっても多少異なりますが、一般的に以下のメリットがあります。

・在籍している大学の提携校に留学するため、日本の大学内での基準に合格すれば通常の入試は免除される

・日本の大学に授業料を支払っていれば、留学先の入学料や授業料を払わずに学位を取得できる場合が多い

日本の大学も留学先もそれぞれ通常より短い期間で両方の学位を取得できる。また、留学しても4年や5年で卒業できるので、同級生と大幅な後れを取る心配がない。

・大学卒業後海外で就職をする際に、日本の大学だけでなくその国の大学の学士号を持っていると、有利であることが想定できる。

実施している日本の大学の例


立命館大学 グローバル教養学部(GLA)

オーストラリア国立大学(ANU)とのデュアル・ディグリー・プログラム

QS世界ランキング2019で世界24位のオーストラリア国立大学(ANU)で1年間学び、プログラムを修了した学生は、立命館大学のグローバル教養学の学士号 (Bachelor of Global Liberal Arts)、ANUのアジア太平洋学の学士号 (Bachelor of Asia Pacific Affairs)を取得できます。学部全体が海外の大学とのデュアル・ディグリーを前提として作られた日本初のプログラムです。

特徴は大阪のキャンパスにいながら、立命館大学の講義とANUの教員によるANUの講義を受講できる点です。ANUから派遣される教職員が常駐して授業を提供し、キャンベラへの留学前後にも日本でANUでの学びの準備と振り返りができるシステムが構築されています。国内では「21世紀のグローバル市民にふさわしい主体性を身につけるためのリベラル・アーツ」を学び、留学時は「グローバル化のダイナミズムを体感しつつアジア太平洋地域」の知識を身につけることで、「多元的でグローバルな学び」を得られます。両校での授業は全て英語で行われます。


慶応義塾大学 経済学部・商学部

経済学部|パリ政治学院(フランス)とのダブル・ディグリー・プログラム

経済学部に在学中の2年間パリ政治学院 ル・アーブル校に留学し、両校の修了要件を満たすことで慶應義塾大学とパリ政治学院から両方の学士号(B.A.)が授与されます。プログラムの目的としては「豊かな国際感覚と幅広い教養、そして経済分野の専門知識を併せ持つ次世代リーダーの養成」であるそうです。また、パリ政治学院修士課程への進学資格も取得できます。 対象人数は10 名程度 (うち4名程度については経済学部入学予定者のうち塾内進学者を対象とする 先行募集を実施する)です。

経済学部|ボッコーニ大学(イタリア)とのダブル・ディグリー・プログラム

経済学部に在学中の1年間ボッコーニ大学へ留学することで、慶應義塾大学経済学部およびボッコーニ大学から2つの学位(学士)を取得することができるプログラムです。ボッコーニ大学での授業は、外国語科目(イタリア語)の他はすべて英語で提供されるため、留学中は経済学、経営学などの社会科学を広く学び、イタリア語の運用能力を高められるようです。参加者数の上限は年間4名です。

商学部|エセック経済商科大学院大学(フランス)とのダブル・ディグリー・プログラム

フランスを代表するグランゼコール、エセックに1年間留学する、4年間の学士課程プログラム。慶應義塾大学、エセック経済商科大学院大学から両方の学士号( B.A. )が授与されます。

早稲田大学

Double Degree Programs(DD)

協定校に留学し、所定の要件を満たせば、卒業する際に早稲田大学の学位と留学先大学所定の学位の両方を取得できるプログラム。対象学部・研究科、選抜時期、留学期間などはプログラムによって異なります。

【協定校一覧(2018年度時点)】
・台湾:National Taiwan University (Management/Political Science)
・シンガポール:National University of Singapore
・中国:Peking University、Fudan University、Shanghai Jiao Tong University
・アメリカ:Earlham College

同志社大学 法学部

アリゾナ大学(アメリカ)とのダブル・ディグリー・プログラム

アリゾナ大学 James E. Rogers College of Law (ロースクール)と協働で実施しているプログラムです。在学生は3年間を同志社大学で、2年間をアリゾナ大学で学び、所定の単位を修得すれば同志社大学の学士号とアリゾナ大学のJ.D. Degree(Juris Doctor Degree)が授与されます。J.D. Degreeを取得すれば、全米で有効な司法試験受験資格を得られることが一番のメリットといえるでしょう。派遣人数は制限がないようです。

制度の違いについての早見表


立命館大学 グローバル教養学部(GLA)

留学先 オーストラリア国立大学
留学条件 原則学部生全員、選抜なし
期間 1年間
留学先の学費 立命館大学の学費のみ
留学含む卒業年数 4年間


應義塾大学 経済学部・商学部

経済学部

留学先 パリ政治学院ル・アーブル校、ボッコーニ大学
留学条件 成績とTOEFLによる選抜あり
期間 1年間
留学先の学費 慶應義塾大学の学費のみ
留学含む卒業年数 4~5年間


商学部

留学先 エセック大学経済商科大学院大学
留学条件 選抜あり
期間 1年間
留学先の学費 慶應義塾大学の学費のみ
留学含む卒業年数 4年間


早稲田大学

留学先 複数あり
留学条件 選抜あり
期間 1年間
留学先の学費 早稲田大学の学費に加え、留学先の学費を一部を払う大学もあり
留学含む卒業年数 4~5年間


同志社大学 法学部

留学先 アリゾナ大学
留学条件 成績とTOEFLによる選抜あり
期間 2年間
留学先の学費 同志社大学には特別在籍料のみ支払い、アリゾナ大学の学費が別途かかる。
留学含む卒業年数 5年間


最後に

今回はオーストラリア、ヨーロッパ、アジア、アメリカと、世界中の大学と提携している4つの大学をご紹介しましたが、その他にも埼玉大学、明治大学、武蔵大学など、このようなプログラムを提供している日本の大学は年々と増えてきています。

日本の大学に所属しながら日本と海外の2つの環境で勉強をし、本当の意味でグローカルに活躍するための基盤を作れる「ダブル・ディグリー・プログラム」や「デュアル・ディグリー・プログラム」。これを機会に、ぜひこの魅力的な制度を検討してみてください。


この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る