生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

高校説明会
エデュバル無料メルマガの魅力

2020.05.31

IB生必見!IB(国際バカロレア)対策は塾に通うべき?家庭教師は?徹底解説

https://www.edubal.net/edubal/wp-content/uploads/2020/05/2b530e80c7d0de90885e285c5d798063.png

IB生の皆さんこんにちは。

IBの授業は不安な事も多いのではないでしょうか。

  • IB始めたけど成績が伸びない…
  • 独学でもやり切れるのかな…
  • 塾に通うべきなの…?
  • 家庭教師は…?

こんな事お考えではありませんか?

この記事では、IB経験者の筆者がIBでは家庭教師など、どの様に対策するべきか解説していきます!

目次

  1. IB対策は学校の先生以外にも見てもらうべき?
  2. IB対策、塾での指導は?
  3. IB対策、塾よりも家庭教師の方がオススメ!
  4. IB対策、お困りな方!

1. IB対策、学校の先生以外にも見てもらうべき?

IBは難易度が高く、自分では理解が追いつかない

IBの内容は、大学入学資格を得られる程のレベルですので、非常に難易度が高くなっています。一部の大学では、IBの特定の科目で良い成績を修めていると、対応する授業が免除されることもあり、そのレベルの高さや教育の信頼性が窺われます。

一方で、その難易度から、学校の授業のみで乗り切るのは非常に難しいと感じる人が多い様です。

試験では、単に知識を問う問題のみならず、記述式の応用問題も多く出題され、深く理解していないと高得点を取ることは難しいです。ですから、授業だけでは理解できないと感じたら、すぐに学校外でも見てもらうべきです。

 

IBは勉強量が膨大で効率的な勉強が必須

IBでは、生徒は2年間で6教科を履修し、そのうち3教科以上をHLで履修することが修了要件です。

しかし、教科選択によっては、HLとSLで習う内容の量が大きく異なり、負担になってしまうこともあります。また、通常の勉強に加え、IBでは各教科のIAやEE、そしてTOK(知の理論)をこなす必要もあります。IAやEEは自ら題材を決めて研究し、レポートを書くことが求められ、TOKでもエッセイやプレゼンが課されます。これらもまた、良い成績を取るためには時間を割く必要があります。

この様に、IBはやることが膨大で、要領よくこなさないといけない為、効率よく勉強するためにも、学校外で講師に教えてもらうことは有意義であると言えます。

 

IBは形式が独特で採点・添削が大事

IBの試験や課題は形式が独特で、そこでつまずく人も多いです。
試験の記述問題に関しては必要な要素を含めた適切な解答をしないと点が貰えないこともあり、解答には慣れが必要です。そして、この勉強には、解いた後の採点と復習が大切ですが、自分で採点したりすると、思い込みや見落としが生まれることがあります。

そのため、自分だけで勉強するよりも、誰かに見てもらって勉強する方が適切に勉強できる上、効率が良いのでオススメです。

2. IB対策、塾での指導は?

塾での授業は大人数でIB対策には不向き

塾での授業は、そのほとんどが多くの生徒を一度に指導する方法を取っています。

しかし、IBはその難易度や勉強量から、生徒によって進度や理解度が大きく異なる場合が多いです。ですから、授業で十分に理解できている人には問題ないかもしれませんが、授業についていけていない人には有意義な指導を受けられないかもしれません。

また、IBは科目選択が人によって異なり、大人数授業を導入している塾では全ての科目をカバーできないこともあります。最初から限られた時間の中で効率的に勉強していくことが求められるIBで、自分に最適な指導を受けないのはもったいないですから、塾で対策するべきかは良く検討する必要があります。

 

IB対策を専門でできる塾はあまりない

他方、IBの対策を専門で行なっている塾はほとんどないのが現状です。元々、海外では塾という形式が取られることが少なく、チューターと呼ばれる家庭教師の様な講師を付けることが多いです。

そのため、塾の数自体が少ないですし、日本人が指導してくれるところはなおさら少ないです。

日本の場合でも、IBの知名度は近年高まってきているとは言え、生徒数が圧倒的に少なくIB校も全国に点在している現状では、校舎を持つ必要のある塾はあまり増えないと思われます。また、もしIBの対策をしている塾を見つけても、IBのための適切な指導ができ、かつ経験のあるところはあまりありません

3. IB対策、塾よりも家庭教師の方がオススメ!

家庭教師のマンツーマン指導はIB対策に最適

家庭教師の指導はマンツーマンでの指導です。

先述のように、IBは自分のペースで確実に理解を深めていくことが大切ですから、進度や理解度、英語力に合わせて自分だけの指導をしてもらえるのは非常に効果的です。

また、講師から見ても、マンツーマンなら一度に見る生徒は一人です。

そのため、その生徒に割ける時間も自ずと多くなり、授業はもちろんのこと、その他の採点や添削などもより丁寧に手厚い指導をしてもらえます

IBは解いた後の復習が大事ですから、ここまでやってもらえるのはIB対策をする上で非常に大きな利点です。

 

国を超えて場所や時間の制約が少ない

家庭教師は、特定の場所に校舎を持つ必要がありませんから、場所や時間の制約が少なく、授業を受けやすいです。

特に、海外にいてもどこにいても指導が受けられるという点から、近年オンライン家庭教師の人気が高まっています。

元々IBの指導をしてくれるところは少なく、海外では日本語で指導をしてくれるところはなおさら少ないですから、海外にいても良い講師の授業を受けられるというのは大きな魅力の一つと言えます。

 

たくさんのIBの指導に長けた講師から選べる

海外のIB生の多くは、学校が斡旋するチューターと呼ばれる元IB教師などが家庭教師のように指導する講師に教えてもらうケースが多く、成績の良い生徒の多くはこれを利用しています。

元IB教師ですから、IBの傾向と対策を掴んでいるのはもちろんのこと、過去問を持っていることも多いです。

こちらは英語など日本語以外での指導になる為、英語があまり得意でない人にはハードルが高いかもしれません。

ですが、前の章で述べたオンライン家庭教師は、海外にいても日本に住む日本人の講師にも指導をしてもらうことができ、より自分に合った指導を受けられることが期待できるので非常にオススメです。

4. IB対策、塾か家庭教師かお決まりですか?

EDUBALは難関大学に通う帰国子女や元IB生の大学生教師と、家庭教師を探している現役IB生やPre IB生をつなぐオンライン家庭教師サービスです。

EDUBALでは、インターネットのビデオ通話を通して授業を行うため、世界中どこにいても授業を受けることができます。また、帰国子女受験を経験している教師も多く在籍しています。

これまでにも、

・IBを経験した先輩にIB生活について相談したい!
・IBの勉強の仕方や進め方について教えてほしい!
・IBを使った受験対策をしてほしい!

などのお悩みを抱えた生徒さまに、IBを経験した大学生の教師をご紹介し、
オンライン家庭教師の指導によってIBが始まる前の勉強のサポートをしてきました。

EDUBALには約600名のIB経験者の大学生が教師登録をしています。

実際にIBで高得点を取得した教師が、自らの経験に基づいてIBに向けた準備をサポートいたします。
東京大学や京都大学をはじめとする国内外の難関大学に通っている教師や、IBで40点以上を取得している教師も多く在籍しています。

実際に、EDUBALを受講した方からは、

「実際にIBを経験した方だったので、的確な指導をしてもらえた上に、日本語で教えていただけたことで今まで分からなかった点が理解できるようになりました。」

「担当の先生も私と同じように英語力に悩んでいて、同じ悩みを抱えていた先生から指導を受けることができたのでとても参考になりました。」

といった声をいただいています。

現在、無料体験授業も実施しておりますので、IBや国内外の大学進学でお困りの皆さま、まずはEDUBALにご相談ください!

 

SAT短期コースバナー

【先輩IB生の体験談も掲載!】
国際バカロレアって何?という方のための「IB丸わかりBook」を作成しました。
 IBって何を勉強するの?
 IBを取るべきか迷っている…。
 IBはどこで学べるの?
などの疑問にお答えします。
ダウンロードは無料です!

詳しくはこちら

 

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る