生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

冬期講習バナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2020.10.26

オーストラリアの大学に特化したPersonal Statementの書き方を徹底解説!

Personal Statementは国や大学によって書くことが異なります。オーストラリアの大学に出願する際、Personal Statementについての情報があまりないので不安になってしまうかと思います。また、「Personal Statementでは何を書けば良いのかわからない」、「どのようにアピールすれば良いのかわからない」などのお悩みや疑問があると思います。筆者は実際にオーストラリアの大学に出願するとき、情報不足で書く内容が出願直前まで決まりませんでした。また、各大学がPersonal Statementで要求する内容が異なっていたので、各大学の対策に筆者はかなり時間がかかってしまいました。オーストラリアの大学が求めているPersonal Statementには、主に2タイプあります。

タイプ① タイプ①は一般的なPersonal Statementの内容になっており、こちらのタイプがオーストラリアの大学でも主流です。あなたを表す「今までの経験」を軸に、「なぜこの大学を志望しているのか?」や「将来はどのようなことをしたいのか?」について書きます。
タイプ② タイプ②は入学条件になっているIBDPなどの資格が満たされていない時に書きます。資格の点数が要求に満たされていないことを前提に、「なぜ入学条件に満たないのか?」から始め、「あなたが入学にふさわしい理由」や「入学条件だけでは測れなかったあなたの才能をアピール」することが要求されています。こちらのタイプはメルボルン大学など、一部の大学でしか採用されていないようです。

 

上記のお悩みや疑問を解消していただくために、本記事ではオーストラリアに特化したタイプ①のPersonal Statementの内容決めから書き方まで、筆者の経験を基にご紹介していきます。

オーストラリアサポートコースについてはこちら!
オーストラリアの大学留学を目指す方へ!出願からTOEFL・IELTS・IBの勉強、志願書作成までトータルサポート!


目次

  1. 内容を決めよう
  2. イントロダクションを書こう
  3. 志望理由を書こう
  4. 将来について書こう
  5. オーストラリア大学の出願でお困りの方


オーストラリアのPersonal Statement 書き方:内容の決め方

Personal Statementのつかみは自身の経験に基づく内容なので、内容決めは重要なステップです。読者を惹きつける内容であると同時に、あなたを表す内容でなくてはいけません。そのため、Personal Statementで書く内容は慎重に選びましょう。


ブレインストームしよう

内容を決める前に、マインドマップなどを使ってブレインストーミングをしましょう。ブレインストーミングをすることで、自分が大学に伝えたい内容に沿った経験を書くことができます。


他の人にはない、あなただけの経験を選ぼう

ブレインストームした内容の中にはありきたりなものもあるかと思います。どの経験をPersonal Statementに書くか決める際、ユニークなものを選ぶようにしましょう。


オーストラリアのPersonal Statement 書き方:イントロダクション(今までの経験)の書き方

Personal Statementのイントロダクションでは、自身がこれまで行ってきた活動を紹介します。あなたのパーソナリティーや人柄を、活動を通して表現する場です。大学側の興味を引くために工夫を凝らしましょう。


最初の文章(Hook)は抽象的、かつオリジナリティーに溢れるように

大学側は何百もの受験者のPersonal Statementを読まなくてはいけません。Personal Statementでも第一印象は大事です。そこで、最初の文章(Hook)は「自分の経験したことを通して伝えたいこと」を抽象化し、オリジナリティーを出しましょう。オリジナリティーの出し方は質問、哲学、偉人の名言などを使ってみると良いでしょう。


小説のように書こう

自分の経験を書くときは、読み手を退屈にさせないように工夫が必要です。表現技法をPersonal Statementに取り入れたり、文言を工夫したりすることで、より面白く小説のような仕上がりになります。また、表現が豊かなボキャブラリーを使いましょう。例えば、「I was a leader of 〇〇」というよりも「I orchestrated 〇〇」と書くことで、表現が豊かになります。


オーストラリアのPersonal Statement 書き方:なぜこの大学を志望しているのか?

自身の経験から得たことを基に、次はなぜこの大学・学部を志望しているのか書きます。自身の経験と学びたいことが合致していることを書きましょう。

注意点:UAC(University Admission Centre)を通して出願する場合は複数の大学を一括に出願するので、大学名は記入しないようにしましょう。大学の代わりにオーストラリアの特徴や魅力を語ることをおすすめします。


まず、あなたの学びたいことを書こう

まず、なぜあなたがこの学部を希望するのか、イントロダクションを基に書きましょう。それから、なぜこの大学に行きたいか書くようにしましょう。そうすることで、読みやすく分かりやすいPersonal Statementを書くことができます。


大学のことを細かく調べよう

オーストラリアの大学は、ほぼ国公立になっています。それにより、カリキュラムが似ていることも少なくありません。自分が志望している大学独自のカリキュラムや特徴を抑えることが重要です。また、UACを通して一括出願する場合は、なぜオーストラリアにしたのかについて書くと良いでしょう。


オーストラリアのPersonal Statement 書き方:将来はどのようなことをしたいのか?

学んだことを活かして「将来的にどのような道に進みたいのか?」や「社会にどのような貢献をしていきたいのか?」について書きます。このセクションは、たくさんの志望者の中から「あなたを選ぶ大学側のメリット」を提示する場です。また、あなたの思い描く将来と大学が提供できるサービスが一致しているのかの確認にもなります。これらを重点的にリサーチしましょう。


大学や学部の進路状況をリサーチしよう

大学・学部を通して、自分のヴィジョンを叶えることができるかきちんと理解しましょう。手っ取り早く理解する方法は、学部の進路状況を見ることです。自分の思い描く将来に進んだ人がいるか確認しましょう。


大学の理念を理解しよう

大学側はどういった人材を輩出したいのか理解すること重要です。大学は「どのように世界で活躍する人材を輩出したいのか?」など調べましょう。大学によっては「アジア太平洋に特化した人材」や「ある分野に秀でた人材」を輩出したいと考えていることがあるので、是非調べてください。


オーストラリア大学の出願でお困りの方

オーストラリアの大学に出願する際に書くPersonal Statementの書き方についてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
Personal Statementは決まった形がないため基本自由ですが、大学の要求に沿って書きましょう。

オンライン家庭教師EDUBALでは、オーストラリアの名門大学の正式出願窓口となっているICCコンサルタンツと提携し、大学留学をサポートいたします。オーストラリアサポートコースでは、「大学進学に向けたIB・TOEFL・IELTSの勉強」「志望理由書(Personal Statement)の作成」に加えて、「大学選びのカウンセリング」「出願手続きの代行・サポート」をいたします。

オーストラリアの名門大学(Group of eight)などへの正規留学を目指している高校生・IB生
オーストラリアの大学・大学院留学のために、TOEFLやIELTS、SATの勉強をしている方
オーストラリアの各大学の特徴を知りたい、学部の絞り込みなどでお悩みの方

などの生徒さまが抱えるお悩みやご要望に沿ったオンライン家庭教師の指導によって出願のサポートをしています。

メルボルン大学やクイーンズランド大学をはじめとするオーストラリアの難関大学に通っている教師や、IBで40点以上を取得している教師も多く在籍しています。

実際に、EDUBALを受講した方からは、

「実際にIBを経験した方だったので、的確な指導をしてもらえた上に、日本語で教えていただけたことで今まで分からなかった点が理解できるようになりました。」

「担当の先生も過去に私と同じように英語力に悩んでいた経験があり、同じ悩みを抱えていた先生から指導を受けることができたのでとても参考になりました。」

といった声をいただいています。

現在、無料体験授業も実施しておりますので、オーストラリアの大学進学でお困りの皆さま、まずはEDUBALにご相談ください!

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る