生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

冬期講習バナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2020.11.19

アメリカの大学を考えているIB(国際バカロレア)生必見!アメリカの大学でIBの活かし方を入試から入学後まで徹底解説!

IB生の中では、「アメリカの大学に進学したい!」と考える方も多いのではないでしょうか?筆者も進路を決める際に、アメリカの大学も視野に入れていました。アメリカの大学を視野に入れたとき、「IBはSATの代わりになるのか?」など、IBをどのように活かせるかについて知りたいという方も多いのではないでしょうか。そこで、皆さんの疑問に答えるために、本記事ではIBをどのようにアメリカの大学で活かせるかご紹介していきます。

 


目次

  1. IB資格(国際バカロレア) アメリカの大学:入試
  2. IB資格(国際バカロレア) アメリカの大学:入学後のメリット
  3. アメリカの大学を考えているIB生へ


IB資格(国際バカロレア) アメリカの大学:入試

アメリカの大学が、入試においてどのようにIB資格を評価しているかは大学によって異なります。多くの場合IB資格のみでの入学は認めていないので、SATを受ける必要があります。


IBはSATの代わりとならない

多くの大学は、SATの代わりとしてIBを提出することができません。IBとは別に、SATを受ける必要があります。ニューヨーク大学(NYU)などの一部の大学ではIBを使った入試を認めているので、大学のホームページを確認することをおすすめします。IBはSATの代わりにならないことが多いですが、English Aをある一定の点数以上取れたらTOEFLの代わりとなる大学もあります。


多くの場合Supplementary Documentとして受け付けている

IB資格は、「高校時代に取得した資格の一つ」となっていることが多いです。また、Predicted Scoreのみの提出でも良いとしている大学も多くあります。Deferredになったときに、少しでも合格の可能性を高めるためにFinal Scoreを提出する人が多いです。


「IB資格を持っていると入りやすい」はデマ!?

「IB資格を持っていると、大学に合格しやすい」という噂を耳にしたことがあると思います。実際にIB生のIvy Leagues合格率は非IB生より高いです。ただ、IB生の方がエッセイを書く機会が多いことから、Common App Essayの質が高くなりやすかったり、CAS活動が評価されやすかったりするのでIB生の合格率が高いと言われています。IB自体はそこまで評価されなく、IBを通して培ったスキルが評価されると言われています。

IB資格(国際バカロレア) アメリカの大学:入学後

アメリカでは、入学後にIB資格の恩恵が受けられると言われています。ただ、IBを受けている人全員が恩恵を受けられるわけではなく、HLを○点以上などの条件があります。条件は大学によって異なるので、各大学のホームページを参照ください。


IBが単位換算される

HLの科目がある一定の点数以上だと、単位に換算されるシステムがあります。多くのアメリカの大学はこのシステムを採用しており、大学によってはHL5点以上、または6点以上取る必要があります。


ESLが免除される

一部の大学では留学生に対してESLを必須としている場合があります。IB Englishのスコアがある一定上だと、ESLが免除されるシステムがあります。また、TOEFLのスコアでも免除されることが多いです。

アメリカの大学を考えているIB生へ

IBをどのようにアメリカの大学で活かせるかご紹介してきましたが、いかがでしょうか?
入試でIB資格は大きく評価されないかもしれませんが、高得点を取ることにデメリットはないので、ぜひ高得点を狙いましょう。

EDUBALは難関大学に通う帰国子女や元IB生の大学生教師と、家庭教師を探している現役IB生やPre IB生をつなぐオンライン家庭教師サービスです。

EDUBALでは、インターネットのビデオ通話を通して授業を行うため、世界中どこにいても授業を受けることができます。また、帰国子女大学受験を経験している教師も多く在籍しています。

これまでにも、
・Paperで出るエッセイを書く練習や、授業のサポートをしてほしい!
・苦手科目対策をしたい!
・アメリカの出願書類をサポートしてほしい!

などのお悩みを抱えた生徒さまに、IBを経験した大学生の教師をご紹介し、
オンライン家庭教師の指導によってIBの勉強のサポートをしてきました。

EDUBALには約600名のIB経験者の大学生が教師登録をしています。
実際にIBで高得点を取得した教師が、自らの経験に基づいてIBの勉強をサポートいたします。
東京大学や京都大学をはじめとする国内外の難関大学に通っている教師や、IBで40点以上を取得している教師も多く在籍しています。

実際に、EDUBALを受講した方からは、

「実際にIBを経験した方だったので、的確な指導をしてもらえた上に、日本語で教えていただけたことで今まで分からなかった点が理解できるようになりました。」

「担当の先生も過去に私と同じように英語力に悩んでいた経験があり、同じ悩みを抱えていた先生から指導を受けることができたのでとても参考になりました。」

といった声をいただいています。

現在、無料体験授業も実施しておりますので、IBや国内外の大学進学でお困りの皆さま、まずはEDUBALにご相談ください!

 

 

SAT短期コースバナー

【先輩IB生の体験談も掲載!】
国際バカロレアって何?という方のための「IB丸わかりBook」を作成しました。
 IBって何を勉強するの?
 IBを取るべきか迷っている…。
 IBはどこで学べるの?
などの疑問にお答えします。
ダウンロードは無料です!

詳しくはこちら

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る

EDUBALへの声

下記では、今までEDUBALで指導を受講された生徒様、保護者様から寄せられた声を掲載しています。
EDUBALで家庭教師をつけるかどうか迷われている方は、ぜひ参考にご覧ください。

  • 各入試科目、単元を深く理解されており、丁寧な指導をしていただいています。いつもご丁寧に指導いただきありがとうございます。受験まであと4か月、引き続き宜しくお願いいたします。

    帰国子女中学受験コース

    小1~6

    フランス

  • 本人がきちんと理解するまで丁寧にご指導くださり、いつもありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

    IBコース

    高1~3

    ベトナム

  • 先生ご自身もSAT、TOEFLの経験者だったこともあり、受験生目線でいろんなことを教えてくださいました。短い間でしたが、本当にありがとうございました。自己ベストを達成することができて、納得のいく結果を残せてよかったです。

    短期集中コース

    高1~3

    カナダ

  • 生徒のロールモデルとなってくださり、確実に実力を上げてくださる先生でした。ありがとうございました。

    インター・現地校コース

    小1~6

    東京都

  • 生徒のモチベーションを上げてくれ、またロールモデルとなってくれる、指導が上手な先生でした。

    IBコース

    高1~3

    大阪府