生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

高校説明会
エデュバル無料メルマガの魅力

2018.06.29

国内のIB(国際バカロレア)生必見!IB入試って?国内大学進学に有利?

150415121892

国内の大学進学を考えているIB生なら一度は耳にしたことがある「IB入試」。しかし、「具体的にどんな特徴がある受験法なの?」「受験のプロセスはどんな感じ?」と、疑問に思う方も多いのではないでしょうか。

今回はそんな方々に向けて、実際に国内の一条校でIBDPを取得し、IB入試を使って筑波大学に合格をされたN.Sさんに当時の経験を伺いました。IB入試がどんな受験法なのか知りたい!という方は必見です。

(なお、N.Sさんは2015年に受験をされていますので、以下の情報や体験は当時のものです。)

Q. IB入試とは?国内大学ではどこが導入してるの?

A. IB入試はIB生のみを対象にした入試制度で、一般的なAO入試ではIBDPを「出願資格の1つとしてしか」活用できないのに対し、IB入試ではIBの最終点数が合否に大きく関わります

私は高校生の間は「IBでできるだけ高得点を取る」ということに集中したかったので、IBスコアが直接的に合否に関わるIB入試を選びました。一方、部活で大きな大会に出場経験のあるなど、IB以外にアピールポイントがある友人たちは、AO入試で受験する子たちが多かったです。

できるだけIBを活かして受験をしたかったのと、もともと国立大学への進学を希望していたので、受験校は「IB入試を導入している国立大」で絞りました。現在では東北大学や広島大学といった国立大学も導入していますが、私が受験した当時は筑波大学と岡山大学でしか導入されていなかったため、悩むことなくこの2校に出願をしました。
(※私立大学では慶応大学、上智大学、関西学院大学も導入しています。)

Q.IB入試で国内大学を受験する際、いつから準備を始めるの?出願後のプロセスは?

A. IB入試は一般的なAO入試と変わらず、9月頃に出願が受け付けられます。そのため、どちらもmock(6月に行われるIBの模擬試験)の後に評価されたpredicted score(見込み点)で書類は提出しました。

岡山大学は出願時期が比較的早く、8月前半には出願をしなくてはならなかったので、mockが終わってすぐに準備を始めました。筑波大学は9月に出願でしたが、それまで岡山大学への出願準備に追われていたこともあり、8月の夏休みに入ってからギリギリで準備を始めました。どちらに関しても、国内でIBをとる場合11月に最終試験があるため、出願のタイミングが試験準備で忙しい夏休みと重なる点はとても大変でした。

その後、岡山大学は8月末、筑波大学は10月後半に仮合格の通知が来ました。どちらもディプロマの最終結果をIB本部から送られるよう手配しておき、大学が受理し次第正式に合格、という流れでした。
そのため、出願や面接が一段落してもIBの最終スコア次第で合否が決まるということを考えると最後まで気は抜けずにいられませんでした。

Q. IB入試で国内大学を受験するにあたって苦労したことは?

A. まず、私が受験をした当時はIBの認知度や理解度が日本の中であまり高くなかったため、そもそもIB入試を行っている大学を調べることが大変でした。

また、IB入試はまだ導入されて歴史があまり長くないせいか、受験者本人でさえ卒業式(3月)までもらえないIBスコアの原本を2月までに提出するよう求められるなど、まだ大学側のアドミニストレーションが手馴れていないと感じることは多々ありました。大学によってIBに対する理解度も差があり、求められるスコアやレポートの内容も大きく異なります。過去の事例も少ないので、全体的に自分で積極的にリサーチを行う必要があると思います。

一方でIB入試のメリットは何と言っても、IBでの結果を最も直接的に活かせる受験法だという事です。試験最後まで気は抜けないものの、IBでの頑張りが直接評価されるので最後まで「とにかく高得点を目指す」事に集中できました。

IB対策や海外大学進学でお困りの方はEDUBALにご相談ください

EDUBALは難関大学に通う帰国子女や元IB生の大学生教師と、家庭教師を探している現役IB生やPre IB生をつなぐオンライン家庭教師サービスです。

EDUBALでは、インターネットのビデオ通話を通して授業を行うため、世界中どこにいても授業を受けることができます。また、帰国子女大学受験を経験している教師も多く在籍しています。

これまでにも、
・国内大学IB入試出願のためのサポートをしてほしい!
・苦手科目対策をしたい!

などのお悩みを抱えた生徒さまに、IBを経験した大学生の教師をご紹介し、
オンライン家庭教師の指導によってIBの勉強のサポートをしてきました。

EDUBALには約600名のIB経験者の大学生が教師登録をしています。
実際にIBで高得点を取得した教師が、自らの経験に基づいてIBの勉強をサポートいたします。
東京大学や京都大学をはじめとする国内外の難関大学に通っている教師や、IBで40点以上を取得している教師も多く在籍しています。

実際に、EDUBALを受講した方からは、

「実際にIBを経験した方だったので、的確な指導をしてもらえた上に、日本語で教えていただけたことで今まで分からなかった点が理解できるようになりました。」

「担当の先生も過去に私と同じように英語力に悩んでいた経験があり、同じ悩みを抱えていた先生から指導を受けることができたのでとても参考になりました。」

といった声をいただいています。

現在、無料体験授業も実施しておりますので、IBや国内外の大学進学でお困りの皆さま、まずはEDUBALにご相談ください!

 

SAT短期コースバナー

【先輩IB生の体験談も掲載!】
国際バカロレアって何?という方のための「IB丸わかりBook」を作成しました。
 IBって何を勉強するの?
 IBを取るべきか迷っている…。
 IBはどこで学べるの?
などの疑問にお答えします。
ダウンロードは無料です!

詳しくはこちら

 

 

>> グローバル教育情報トップに戻る