生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2018.09.10

帰国子女にとっての洗足学園中学校の3つの魅力

IMG_5320

東急田園都市線・大井町線 溝の口駅、JR南武線武蔵溝ノ口駅から徒歩10分の場所にあるキャンパス。中学高校の校舎は、船の形をモチーフにしているそうです。

昔から多くの帰国生を入れている人気校。その魅力とは
海外の中学・高校のカリキュラムに基づいた帰国生向けの英語のプログラムを設けている洗足学園中学校。1学年に30人〜35人の帰国子女がいます。最近では、国公立大や有名海外大学などを含む、高い進学率で有名な神奈川の女子校である洗足学園の帰国生にとっての3つの魅力をまとめました。

魅力① 教育方針|渋渋にも負けない!?ハイレベルな帰国生向け英語プログラムとグローバル教育

洗足学園の充実した英語プログラム

洗足学園の帰国生の英語は高校一年生まで、週5時間あり、全てネイティブの先生によって行われます。
カリキュラムは、海外の中学・高校のものに基づいており、教科書などもそれに従っています。
シェイクスピアをはじめとする古典文学の学習や、プレゼンテーション、ディスカッションの学習など、授業の方針は帰国生受験の最難関と呼ばれている渋渋・渋幕と似ています。
海外で身につけた英語力をキープするだけではなく、さらに伸ばしていくために必要な環境が整っています。
また、大学受験に向けた文法などの授業は、高校2年から日本人の教師が行います。

テストや課題が毎日あり、勉強がハードとの噂の多い学校ですが、希望生徒に対して洗足学園を卒業した帰国生による補習が週末に行われています。学習のサポートが整っており、安心して取り組むことができます。

もう一度海外経験を積むことができる、多種多様な留学プログラム

そして、帰国生にとって洗足学園の何よりの魅力は、多くの留学プログラムが用意されていることです。
中には、1年間の長期留学をしても、6年で学園を卒業できるプログラムもあります。
世界に視線を向ける全ての生徒に優しい学校と言えるでしょう!

 

魅力② 課外活動 |机に向かった勉強ばかりというイメージは大間違い? 

責任感と広い視野を育む「他流試合」

帰国後、日本の生活にどっぷり浸かってしまい、せっかく海外で身についた国際的な視点を使えなかったり、忘れたりしてしまう帰国子女も少なくありません。
洗足学園には、学外で行われる研修プログラムや模擬国連などの活動を「他流試合」と呼び、参加を推奨しています。現在では、ほぼ全員の生徒が何かしらの活動に参加しているそうです。
具体的には、Model UN, Harvard MUN, PRIMUN(環太平洋国際模擬国連会議)、日中青年会議などの学生会議や、数多くの作文コンクール、スピーチコンテスト、医療に関する講座から、プログラミングの研修、学生向けの起業プログラムなどがあり、とても幅広い分野の活動が実施されています。

帰国生と一般生の交流の場ともなっているクラブ活動

まじめで、学業のイメージが強い洗足学園ですが、実は部活動も充実しています。中学生も高校生も9割近くの生徒が何らかの部活に参加しています。
洗足学園では、帰国生は英語以外の授業を一般生と垣根なく受けますが、他の学校と同様に、クラブ活動のなかで友達を作ることが多いようです。
音楽大学も併設されている洗足学園。吹奏楽部は、初心者・経験者関係なく、一番人気の部活のようです。
また、女子校には珍しくサッカー部も設置されているのも、特徴的です。女子サッカーをやっていた帰国子女には嬉しい魅力ですね!

 

魅力③ 進学先 |国公立、医学部、海外大学……卒業生の進学先が幅広いのが特徴

学内・学外ともに学問に止まらず多くのことを勉強する洗足学園の生徒の進学先は優秀です。
神奈川県の女子校でありながら、進学実績は名門進学校に引けをとりません。

一番の特徴は、海外の大学に合格する生徒がここ数年は毎年15名前後(のべ)いるということです。
2015年度には、ハーバード大学の合格者を出しています。
また、そのほかにもアメリカのカリフォルニア大学や、イギリスのロンドン大学など、世界の名門大学への進学も多いです。
洗足学園では、SAT講座も開かれており、海外の大学へ進みたいと考える生徒をサポートする教師と環境が整っています。

そして、国内でも国公立・国立問わず、難関大合格者数が多いのが特徴です。
東大・京大・一橋大・東工大の合格者は約25名、早稲田・慶應の合格者は約130名に登ります。

また、女子校としては珍しく、医学部医学科に合格する生徒が多いです。
2017年度は現役で述べ27名の生徒が国内の医学部医学科へ合格しました。

このように、国公立・理系に強い洗足学園ですが、その秘密は6年間5教科必修のカリキュラムと文系コースへ進んだ生徒にも数学を必修としていることにあります。

 

洗足学園への入学を考えている方へ

洗足学園の帰国子女入試にはA方式、B方式の2種類があります。
どちらの方式で受験しても、英語の面接を受けることになります。

詳しくは、洗足学園の帰国生入試情報をまとめたこちらのページをご覧ください。

 

洗足学園入試対策はEDUBALにお任せください!

EDUBALは、帰国子女の方に向けてオンラインで個別に学習サポートを行うサービスです。指導がテレビ電話を通じてオンラインで行われるため、世界中どこにいても、いつでも家で手軽に帰国子女家庭教師による指導を受けることができます。

EDUBAL生の洗足学園合格体験談

洗足学園の入試には、正確な文法の知識を求められる筆記試験や、英語の表現力が問われる面接試験があり、入試形式に慣れるための準備が必要です。
EDUBALでは、洗足学園卒業者を含め、面接対策などを得意とする教師が多くいます。まずはEDUBALにご相談ください!

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る