生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

エデュバル無料メルマガの魅力

2018.12.24

帰国子女枠で法政大学に合格したい。TOEFL iBTは何点必要?

東大帰国受験sat

 

帰国生入試で大学を受験するには、避けては通れないTOEFL iBT。海外で培った英語力をアピールするためにも絶対に気を抜けないテストですよね。
今回はスーパーグローバル大学に認定されており帰国子女からの人気も高い法政大学に帰国子女枠で合格するために必要なTOEFL iBTスコアをまとめました。

※以下の情報はいずれも2018年現在のものです。受験の際には必ずホームページ等を確認してください。

帰国子女枠で法政大学に合格したい!受験できる学部は?

法政大学では文学部経営学部デザイン工学部理工学部生命科学部で帰国子女枠を設けています。
しかし同大学では「グローバル教養学部」というリベラルアーツ教育を全て英語で行う学部もあり、こちらももちろん帰国子女として受験ができます。

帰国子女枠受験とグローバル教養学部受験、いずれも帰国子女が受験可能な学部ですが、受験時期が大きく異なりますので注意が必要です。
まず、帰国子女枠受験の出願期間は7月中旬〜下旬入学は4月となっています。
一方、グローバル教養学部には、
(1)一般入試
(2)大学入試センター試験利用入試
(3)自己推薦特別入試
(4)指定校推薦入試
(5)付属校推薦入学制度
という5つの受験方法があり、それぞれで受験時期が異なります。
帰国子女が受験しやすい(3)の自己推薦特別入試は、4月入学は出願期間が7月、9月入学だと出願期間は12月か3月のいずれかに分かれています。

帰国子女枠で法政大学に入るにはTOEFL iBT何点必要?

結論からいうと、法政大学に帰国子女枠の受験資格としてTOEFL iBTの最低スコアはありません

しかしこれはTOEFLを受けなくてもいいという訳ではありません。法政大学では提出書類の一つに「TOEFL iBTスコアレポート」が要求されていますので、帰国子女枠で受験する以上TOEFLのスコアは必要です。

目標点数は学部によって大きく異なるので一概には言えませんが、文系の学部(文学部や経営学部)だと80点以上、理系の学部(デザイン工学部、理工学部、生命科学部)でも65点以上あると英語力のアピールにつながります。統一試験の点数は、成績の基準にばらつきがでてしまう学校の成績よりも、ライバルとの立ち位置を比較する上で重要な指標になります。帰国子女枠受験で法政大学合格を目指すのであれば、これらの点数を目安にすると良いでしょう。

法政大学のグローバル教養学部に入るにはTOEFL iBT何点必要?

グローバル教養学部の自己推薦入試には、受験資格としてTOEFL iBTの最低スコアが設けられています。この最低スコアはS基準とA基準という受験形式によって異なります。

S基準と呼ばれる受験形式ではTOEFL iBT 90点以上(かつwritingスコアが23点以上)が求められます。この受験形式では成績証明書、高校の教師による推薦状、英語による志望理由書で受験ができます。
A基準ではTOEFL iBT 80点以上の英語力が求められます。この受験形式ですと、S基準で必要な成績証明書、高校の教師による推薦状以外、英語による志望理由書に加え日本語による志望理由書も必要になります。

これらのスコアはあくまで「受験資格」として要求されているもので、二次審査ではS基準の場合が面接試験(英語)、A基準の場合が小論文と面接試験(英語)で総合的な英語力が判断されます。こちらの学部では入学後の授業は全て英語で行われますので、かなり高い英語力を求められているのは確実です。

帰国子女が法政大学に合格するには

法政大学はスーパーグローバル大学に認定されたこともあり、帰国子女から人気の高い学校です。
このような学校で合格を確実なものにするには、他の人との違いをアピールできるユニークさが重要となります。帰国子女として受験する場合面接では海外での在住や修学の経験について問われれる事が多いので、海外に住んでいた時のエピソードや、現地での学びについて語れることを準備しておきましょう。また非英語圏に滞在している方は、現地の公用語を一つ身につけておき、検定などで証明できる形にしていると帰国受験でも大きな強みになります。
一方理系の学部は二次選考で数学の試験もありますので、英語力だけで合格する事はできませんが、これらの筆記試験に加えて高いTOEFLスコアを取得していれば受験はかなり有利になるでしょう。

法政大学に帰国子女枠で合格するために、TOEFL対策をしたい方へ

法政大学に帰国子女枠で合格するために必要なTOEFLスコア・対策法をご紹介してきましたが、いかがでしたか?

「オンライン家庭教師EDUBAL」では海外在住の方のためにオンラインでTOEFL iBTの指導を行っており、法政大学をはじめとする帰国子女から人気な大学に合格した教師が多数在籍しています。TOEFLのスコアアップだけでなく、帰国子女枠受験のための面接や小論文対策を合わせた指導も可能です。似たような経験を持つ教師に教えてもらいたい!帰国受験に向けてTOEFLと面接対策を同時に指導してほしい!など様々なニーズにお応えできますので、まずはご相談ください!

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る