生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

高校説明会 国際高専バナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2020.04.13

アメリカのIvy League(アイビーリーグ)校に進学したい!大学が求めるSATのスコア・提出物を紹介!

「Ivy Leagueの大学に出願したいけどSAT何点必要かわからない。。。」と疑問をお持ちの方はいませんか?ご心配なく。今回はIvy Leagueに合格するために必要なSATスコアや各大学が持つSATポリシー及び出願する際に必要な提出物についてご紹介していきます。

Ivy Leagueとは?

Ivy leagueはアメリカ合衆国北東部にある8つの難関私立大学(Harvard, Princeton, Columbia, Yale, UPenn, Brown, Dartmouth, Cornell)の総称です。長い伝統を誇り、高い知名度を持ち最も優秀と見なされているIvy Leagueへの合格率はもちろん10%以下。アメリカ国内の高校に在学しているアメリカ人生徒ですら合格することが難しいと言われています。 

Ivy Leagueに合格するにはSATで何点必要?

Ivy leagueは難関校である為、SATで求められるスコアはかなり高いです。 出願者のSAT平均点は各大学により異なります。

・Harvard/ Princeton/ Columbia/ Yale: 1510点
・UPenn: 1500点
・Dartmouth/Brown: 1490点
・Cornell: 1470点

しかし、合格圏内に達するには上記の平均点のプラス60~70点はなくてはなりません。
従って、8校のいずれかに出願する際に必ず1600点中1500点以上は必要です。合格者の平均点は以下の通りです。

・Harvard: 1580点
・Princeton: 1570点
・Columbia/ Yale/ UPenn/Dartmouth: 1560点
・Brown: 1550点
・Cornell: 1540点

よって、出願時には1540点以上までスコアを上げる必要があります。合格への近道はMathematics/Reading/Writingの全てのセクションで700点以上獲得することです。高得点獲得のためにもしっかりと対策をしてSATに臨みましょう!EDUBALでは高得点を獲得するノウハウやコツが書かれた記事があるので、是非そちらをご覧下さい。

【あわせて読みたい】
SAT Essayで高得点を取るための対策法 3選!
SATの得点を伸ばしたい!1400点を超える、高得点のための勉強法

各Ivy League大学のSATポリシー

出願者により多くのチャンスを与えるために、各大学に「SATポリシー」があります。Superscore, All scores, ポリシーが無い場合に分かれています。各大学のポリシーはこちらです。

Superscore: Harvard/Columbia/ UPenn/ Dartmouth/ Brown

 受けた各スコアの項目の中で最も高かった点数を取り出し足し合わせ、合計点にする方法です。

例えば、
1回目:Reading&Writing=700 Math=300 合計1000点
2回目:Reading&Writing=300 Math=700 合計1000点
3回目:Reading&Writing=300 Math=300 合計600点

この時1回目のReading&Writingの700点と2回目のMathの700点を足し合わせ、合計点を1400点にすることができます。

All scores: Yale/ Cornell

All scoresとは今まで受験してきたSATのスコアを全て提出する方法です。提出したスコアの伸びしろを重視し、評価されます。 SATの提出数が多すぎてしまうと「この子は回数は受けているがなぜ伸びしろがないのか」と疑われてしまう可能性がありますので、目安としては4~6個です。

ポリシー無し: Princeton

PrincetonはSATスコアの提出に関する必要条件はありませんが、受験してきた全てのSATスコアを提出する方が良いでしょう。

Ivy Leagueに出願する際必要なSAT以外の提出書類

SATスコアだけで合格が全て決まる訳ではありません。SAT以外で必要な提出書類の例がこちらです。
・高校の成績証明書
・TOEFL iBT
・AP
・エッセイ(自己PR)
・推薦状
・課外活動の記録(ボランティアや大会等)
・願書(Common Application)

出願する際に高校の成績証明書(GPA)及びTOEFL iBTスコアは特に大切です。 出願者の平均GPAは以下となります。

Harvard 4.18
Princeton 3.9
Columbia 4.13
Yale 4.13
UPenn 3.88
Dartmouth 4.09
Brown 4.09
Cornell 4.09

従って、合格圏内に入るには最低4.0以上必要になってきますので、普段の定期試験勉強は重要です。 また、TOEFL iBTに関しては全8校最低100点が求められます。定期試験勉強と同時に日頃からのTOEFL iBTの勉強も必然的に大切になってきます。

オンライン指導でIvy Leagueへの合格を勝ち取りに行こう!

EDUBALは、国内外の難関大学に通う帰国子女の大学生教師と、家庭教師を探している帰国子女の生徒様をつなぐオンライン家庭教師サービスです。SATで高得点を取得した教師も多数在籍しております。また、オンラインビデオ通話を通じた指導ですので、世界中どこでも、いつでもご自宅で受講が可能です。
「帰国大学受験や海外大学進学に向けてSAT対策をしたい!」
「SAT対策とあわせてTOEFL対策もしたい!」

といった様々なニーズに対応しております。

EDUBALではSAT対策として2つのコースをご用意しております。

1.SAT対策コース
実際にSATを取得した教師が自身の経験に基づいて、生徒様一人一人に合った指導を行います。SAT Reasoning TestからSubject Testまで幅広いニーズに対応しております。「自分の持っているテキストを使用したい」「Math以外の科目の対策をしたい」「受験日まで時間に余裕がある」という方におすすめです。

2.SAT Math短期集中コース
オリジナルテキストを用いて、SAT Reasoning TestのMathに特化した指導を行います。
「初めてSATを受験する」「Mathで600~700点を目指している」「3ヶ月以内に点数を上げたい」「Mathに特化した勉強をしたい」という方におすすめです。

生徒様にあったコースをご提案させていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

また、EDUBALでは当社オリジナルのSAT基礎力判定テストもご用意しております。まずはご自身の現状を把握するのが第一歩ですので、「自分のレベルがわからない」という方はこちらもご活用ください!

SAT短期コースバナー

【SAT mathで600~700点を目指す方へ!】
EDUBALのSAT math短期集中コースは、オリジナルテキストを用いて豊富な演習量を確保。チェックテストで理解度を確認しながら進められます。

 詳しく見る

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る