生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

冬期講習バナー IB座談会バナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2020.05.06

渋谷幕張高等学校の帰国生入試の英語は難しい?EDUBAL教師に傾向や対策法を聞きました!

高いレベルの英語授業を行う学校として、帰国子女に人気の高い渋谷幕張高等学校。その帰国生選抜試験は一般入試と異なり、試験科目は英語のみとなっています。

 

渋谷幕張高校の受験をお考えの方の中には、以下のようなお悩みを持つ方が多いのではないでしょうか。
「高い英語力が必要な試験というけど、どの程度のレベルが必要なの?」
「渋谷幕張高校に特化した対策をしておきたい」
「渋谷幕張高校のエッセイの書き方のコツを教えてほしい!」

今回はそんな悩みを持つ受験生の方々の手助けになるよう、渋谷幕張高校の帰国生入試対策を指導しており、自身も渋谷幕張高校に合格しているEDUBAL教師に話を聞きました!
実際の指導内容から教師が考えるエッセイライティングのコツ、面接の答え方のコツまで詳細に掲載しておりますので、ぜひご覧ください。

渋谷幕張高等学校の帰国生入試概要はこちらをご覧ください。
渋谷幕張高等学校の帰国子女枠受験情報

目次

  1. 渋谷幕張高校の帰国生選抜試験の入試情報
  2. 渋谷幕張高等学校の帰国生入試対策:筆記試験(英語)
  3. 渋谷幕張高等学校の帰国生入試対策:エッセイ
  4. 渋谷幕張高等学校の帰国生入試対策:面接(英語・日本語)
  5. 渋谷幕張高等学校の帰国生入試対策はEDUBAL

渋谷幕張高校の帰国生選抜試験の入試情報

インタビューに入る前に、渋谷幕張高校の帰国生選抜試験の概要についてご説明します。

帰国生選抜試験の試験内容

【筆記試験(英語)】
・筆記/リスニング(50分)
・エッセイ(30分)
【面接(英語・日本語)】

渋谷幕張高校の帰国生選抜試験は、筆記試験は英語のみです。そのため、他の帰国子女受験校と比べ、高い英語力を求められます。

 

倍率

2020年度の帰国生選抜試験の倍率は以下となっています。

 

出願書類

帰国生カード、プリエッセイ、海外での成績

出願する際には、上記の3つを提出することになります。
特にプリエッセイは、面接で内容について深く聞かれることが多いので、内容を練っておきましょう。

インタビューを行ったEDUBAL教師

【渋谷幕張高校出身の教師】
渋谷幕張高校を志望している生徒様の指導をしており、自身も渋谷幕張高校の帰国生入試に合格している教師です。

 

渋谷幕張高等学校の帰国生入試対策:筆記試験(英語)

英検準一級レベルが必要

ー渋谷幕張高校の帰国生入試の筆記試験は英語のみですが、どれくらいの英語力が求められますか?

英語面接もあるので、英語がすらすらと話せる程度の英語力は必要になると思います。
筆記試験に関しては、語彙力・読解力ともに準一級レベルは必要な試験となっています。

 

ー筆記試験ではどのような出題がされるのでしょうか?

★渋谷幕張高校の筆記試験の出題形式
Part1:Listening(10問)
Part2:Grammar(10問)
Part3:Vocabulary(10問)
Part4:Reading Comprehension(10問)
Part5:Reading Comprehension(10問)

筆記試験では、細かい文法問題とハイレベルな長文問題が出題されることがポイントです。
文法問題に関しては、TOEICの問題に近いように思います。
長文に関しては、小説風のものからニュース風のものなど、幅広く出題されます。

 

まずは英検、次に英字新聞で読解力をつける

ー筆記試験ではどのような対策が必要でしょうか?

先程もお伝えしたように、英検準一級レベルは求められますので、英語力に不安のある方はまずその勉強から始めることをおすすめします。
語彙力や論理性を鍛えるためにも、英検は効果的だと思います。

英検準一級レベルかそれ以上、という方は、ワシントン・ポストやニューヨークタイムズといった英字新聞を読むのがおすすめです。実際の長文読解の英語はハイレベルですし、時事問題を絡めたものが多いためです。
時事問題が含まれている文法問題も多く、知っておくことで解きやすくなります。

 

渋谷幕張高等学校の帰国生入試対策:エッセイ

Narrative Essayが出題される傾向にある

ー英作文はどのように出題されるのでしょうか?

渋谷幕張高校の英作文では、ナラティブエッセイ(Narrative Essay)が出題される傾向にあります。
私が受験した年では、「あなたがこの高校に入ったらどんなことをしますか?」という出題がされました。

★Academic EssayとNarrative Essayの違い
大きな違いとしては、Narrative Essayになると主観的な要素が多く入ることが挙げられます。
Narrative Essayでは、一般論ではなく自分は何を感じたのか、何を考えたのか、何をしたのかなどをエッセイに含める必要があります。

★渋谷幕張高校のエッセイ 過去の出題テーマ
If you could go back in time, what advice would you give to your ten-year-old self? Please support your answer with specific examples.
(もし過去に戻れるなら、10歳の自分にどんなアドバイスをしますか?具体例を挙げて説明してください。)(2015年)

Describe an experience that led you to change an opinion that you had long held to be true.
(あなたが長い間、ずっと信じてきた持論を変えさせるきっかけとなった経験について説明してください。)(2014年)

People are starting to care less and less for the people around them. Discuss. Please support your answer with specific examples from your reading, studies, personal experiences, or observations.
(人々はだんだん、周囲の人のことを気遣わなくなり始めている。これについて議論してください。そして、自分の解答を自身の読書、勉強、個人的な体験、もしくは観察などから具体例を挙げて説明してください。)(2013年)

 

想像力と、時間内にエッセイを書き上げる力が必要

ーエッセイに関して、どのような特徴があるのでしょうか?

渋谷幕張高校の英作文の特徴として、ナラティブエッセイが出題されやすいこと、また時間が短いことが挙げられます。
ナラティブエッセイということで、自分自身のことを上手に伝え、また想像力を働かせて解答しなくてはいけません
さらに、Essayは試験時間が30分と大変短くなっています。10分ほどで内容を考え、残り20分で書くといった時間配分を行い、素早く自分の解答をまとめる練習が必要です。

 

エッセイを何回も書くのが一番の対策

ーでは、どのような対策をしておけば良いのでしょうか?

渋谷幕張高校のEssayでは、限られた時間の中でいかに自分のことを伝えられるか、論理的な文章を書けるか、またさまざまなテーマについて語れる引き出しをもっているか、がポイントになってきます。
これらのポイントを押さえるためには、やはり何回も繰り返しエッセイを書くことが大事です。
私の実際の指導でも、とにかくエッセイを数こなしてもらっています。
宿題でエッセイを書いてきてもらい、添削する、を繰り返し行います。また、授業内でも時間を計って短時間でエッセイを書く練習をしています。

 

ーエッセイのテーマはどのように決めているのでしょうか?

渋谷幕張高校の過去の出題テーマから、似たテーマをこちらで考えて出題しています。
ですので、ご自身で学習する際は古い過去問を解いたり、出題されそうなテーマを考えてエッセイを書くのがおすすめです。

 

ー添削の際に意識しているポイントはありますか?

以下の二点について重点的に見ています。
①「何を伝えたいか」がはっきりしているか
②エッセイの書き方が確立されているか

それぞれについてご説明します。

 

①「何を伝えたいか」がはっきりしているか

特に最初のうちだと、何も考えずにエッセイを書いてしまう生徒さんは多いです。
エッセイを書く際は、自分は何をつたえたいのか、そしてそれを伝えるためにはどのように書けばよいのか、を考えながら書いてみてください。

 

②エッセイの書き方が確立されているか

エッセイの書き方、言い換えると「自身の作風」を確立するよう指導しています。
分かりづらいと思うので説明します。
例えば Academic Essayであれば、主張を述べる序文、その主張を説明する本文、そして最後の結論、というようにはっきりとした書き方のコツが存在します。
しかし Narrative Essayだと、明確な書き方の正解はなく、書き方が人によって大きく分かれやすいです。
私の指導では、例えば小説風の書き方や第三視点に立った書き方など、エッセイを書くうちに自分の得意な書き方を見つけていきます。そして確立した書き方で何度もエッセイを書くことで、スムーズに文章を組み立てることができるようになります。

 

渋谷幕張高等学校の帰国生入試対策:面接(英語・日本語)

ー面接ではどのようなことが聞かれるのでしょうか?

面接に関しては、オーソドックスな質問が多いです。
私が受験した年の話にはなりますが、以下のような質問を受けたと記憶しています。

pre essayについて
あこがれの人について
志望動機について
自分が好きな本について
自分の長所について
関心のあるニュースについて

ちなみに私は志望動機として、「渋谷幕張高校の授業の英語レベルが高いこと」を挙げました。

 

ー日本語での面接もありますが、特別な準備は必要ですか?

日本語での面接は時間も短く、日本語が話せるかをチェックする程度のものだと思うので、特に準備はいらないと思います。
渋谷幕張高校に入学すると、帰国生も一般と同じ授業を受けることになるので、授業を理解できる程度の日本語力があるか確認するためのものだと思います。

 

勉強への意欲や、将来を見据えていることをアピールする

面接で意識したいポイントなどはありますか?

まず、面接ではプリエッセイについても聞かれるため、しっかり内容を練ってから提出しましょう。そして本番前にプリエッセイを読み込み、答えに矛盾がないようにしておきましょう。

答え方のコツですが、渋谷幕張高校は学校として、コツコツと勉強ができる、まじめに勉強できる人を好んでいるように思います。なぜなら渋谷幕張高校は進学校で、国立の有名大学や海外大に進学できるような人材がほしいと考えているはずだからです。
また、高校だけでなくその先の大学までを見据えている人も喜ばれると思います。自身の熱意や、将来の目標や夢についても語れると良いですね。

面接を受ける際は、今挙げたようなポイントを押さえて解答してみてください。

 

ー最後に、渋谷幕張高校を目指す受験生の方に向けてメッセージをお願いします。

渋谷幕張高校は、英語を伸ばしたい、と考えている方には理想的な環境だと思います。私自身入ってよかったなと思える学校でした。
今回のインタビューが、渋谷幕張高校をお考えの方のお役に立てれば幸いです。

 

渋谷幕張高等学校の帰国生入試対策はEDUBAL

★海外子女・帰国子女向けの家庭教師の登録数No.1!帰国子女高校受験対策ならEDUBAL

EDUBALは難関大学に通う帰国子女の大学生と、家庭教師を探している生徒様をつなぐオンライン家庭教師サービスです。
EDUBALでは、インターネットのビデオ通話を通して授業を行うため、世界中どこにいても、いつでもご自宅で手軽に指導を受けることができます。また、帰国子女高校受験を経験している教師も多数在籍しています。

渋谷幕張高校の帰国入試は高い英語力を求められるハイレベルな内容となっており、合格のためには英語力を集中的に鍛えるとともに学校に特化した対策が必要になります

EDUBALなら、こういったご要望にお答えすることができます。
・渋幕高校の帰国入試に向けた指導をしてほしい!
・苦手科目の対策をしたい!
・英検1級/準1級/2級の対策をしてほしい!

EDUBALでは、現在2000人以上の教師が在籍しております。多数の教師が登録しているからこそ、生徒様と境遇の近い教師を紹介することができます。

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る