生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

エデュバル無料メルマガの魅力

2018.07.29

帰国高校受験で国際基督教大学高等学校(ICU高校)に合格するためには?

b4531233b250804f287b9a062c243f73_s

国際基督教大学高等学校(ICU高校)の入試対策 

毎年帰国子女に人気のある、国際電話高等学校(ICU高校)。
受験を有利に進めるための入試対策について詳しくご紹介します!

国際基督教大学高校(ICU高校)の2019年度入試概要

推薦入試
募集人数:60名 選考方法:書類審査、面接
書類選考入試
募集人数:90名 選考方法:書類審査、面接
学力試験入試
募集人数:10名 選考方法:学力試験、調査書(成績証明書)

学力試験は英語・国語・数学の三教科です。
詳しくは国際基督教大学高校の公式HPをご確認ください→こちら

国際基督教大学高校(ICU高校)の面接対策

面接は10-15分間、面接官2人と受験者1人で全て日本語で行われます。
しかし、日本語力が合否に影響することはないため海外経験が長く日本語に自信がない場合でも心配する必要はありません。
日本語の能力よりも面接での受け答えを重視するため、礼儀正しく、ハキハキと目を見て印象よく会話する練習することが大切です。
質問の内容は、自己紹介(滞在国・通っていた学校について等)や志望理由について聞かれることが多いようです。

国際基督教大学高校(ICU高校)の書類審査対策

中学校の成績表と外国語検定試験結果を提出する必要があります。
成績表の評価においては受験者の学習状況が細かく審査されます。
海外での成績だけではなく、履修科目数やクラスのレベル、学校の教育レベルも重要な要素となります。
しかし、海外の学校に通い始めたばかりの時で授業についていけず成績があまり良くなかった場合でも、その後に語学力とともに成績が向上しているのであれば、その努力が評価されることもあります。
受験者の成長の過程も細かく評価してくれるため、最終成績があまり良くなかったとしても合否にはそれほど大きな影響は与えません。

国際基督教大学高校(ICU高校)の学力試験対策

一般入試と同じ問題が出題されますが、一般生と帰国生は別枠で選考されるため一般生と競争することはありません。
また、過去問は大手書店等で入手することができるため実際に解いてみることをおすすめします。

英語

長文読解が多く出題されます。英検準2級程度の語彙力を身につけておくことが求められます。
長文読解は読むスピードと前後の文脈の読み取りが重要なため、日頃から英語新聞や本を読むことも効果的です。

国語

随筆と小説の読解が2問出題されます。読む文章量と問題数を考えると、見直しなどをする時間の余裕はあまりありません。落ち着いて回答するために時間配分を過去問で練習しておくと良いでしょう。内容も易しくないため、日頃から日本語の随筆や小説を読む習慣をつけることも重要です。

数学

他校の演習問題のような試験形式とは異なり、論理的思考・数学的思考を問われる内容になっています。特殊な出題形式であるため、あらかじめ過去問に目を通しておくと安心です。
与えられた資料文から新たな概念について読み、そこから解答する形式になっているため内容はとてもハイレベルだといえます。

国際基督教大学高校(ICU高校)のオンラインでの受験対策

「帰国枠の高校受験対策、何をしたら良いのかわからない」といった方も余裕のあるうちから対策を進めておくとよいでしょう。

国際基督教大学高校を受けるために、しっかりと対策をして自信を持って受験に臨みたいものです。
なEDUBALでは帰国子女枠受験の対策に力を入れており、多数の帰国子女枠受験校への進学をサポートしてまいりました。対策をご希望の方はもちろんのこと、学校選びで悩んでいる方、帰国子女受験について知りたい方もお気軽にご相談ください。
なお、こちらは2018年7月時点の情報であるため、受験をされる際には必ず事前に高校のHPをご確認ください。

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る