お電話でのお問い合わせ

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。

03-6756-8620

電話受付 平日10:00~19:00 (日本時間)

閉じる

EDUBALでは、海外在住の生徒様ならではのお悩みと真摯に向き合い、指導させていただきます。

03-6756-8620
電話受付 平日10:00~19:00 (日本時間)

【帰国生中高受験】帰国生受験を考える海外赴任中のご家庭必見!「一時帰国の時にやるべきこと3つ」

一時帰国の時にやるべきこと3つ

もうすぐ待ちに待った一時帰国。海外に赴任中の方は季節ごとの長期休みに合わせて、一時帰国の計画を立てているご家庭も多いのではないでしょうか。家族や友人に会ったり、国内旅行に出掛けたりなど、予定が盛り沢山のはず。一時帰国って本当に楽しくて忙しいですよね。

ただ現在、海外にお住まいで中高の帰国生受験を少しでも考えるご家庭には、一時帰国で日本にいる間にやって欲しいことがいくつかあります!
今回は、その中でも優先順位の高い3つをご紹介します。

目次

  1. やるべきこと① 実際に学校を訪問してみましょう
  2. やるべきこと② 日本の資格試験を取得しましょう
  3. やるべきこと③ 過去問、問題集等の日本の書籍を購入しましょう
  4. 帰国生中高受験や資格試験の準備はEDUBALで!

 

やるべきこと① 実際に学校を訪問してみましょう

一時帰国の時にやるべきこと3つ

帰国生受験を考えるご家庭なら、親子ともに気になる学校がきっとあるはず。実際に学校を見に行きましょう!
これは一時帰国でしかできない最優先事項。最近はオンラインで学校説明会や校内バーチャルツアーなども開催されていますが、実際に学校に行くことでしか感じることのできない空気感、ってやっぱりあります。

そして直感もとっても大事。私たちの日常生活でも、直感や第一印象が良かったものって結局間違っていないことが多いですね。
モチベーションを維持して良い受験生活を送るために、学校訪問は外せません。

 

最近は長期休みに帰国生向けの説明会を開催してくれる学校も増えてきていますが、それでも海外在住中のご家庭にとっては予定が合わないことも。でも、あきらめないで!

その場合には学校に直接連絡を取って、問い合わせしてみるのもいいかもしれません。
学校にもよりますが、帰国生ということで特別に校内見学や面談等の対応をしてくれる場合も。そこで有益なお話が聞けることもあります。HPに帰国生受験の情報が載っていない場合も同じ。
まずは、学校になんでも問い合わせてみましょう!

 

学校訪問にあたり、大事なのが「実際に通うお子さんの意見」。親の行かせたい学校とお子さんの希望が違う!というのは受験のあるあるです。

お子さんの希望は、特に第2志望以下の学校を決める際にとっても重要になるので、できれば複数の学校に行っておきたいところ。
学校訪問をすると「見送る学校」もはっきりするので、結果的に志望校が絞られてきます。

 

直接の学校訪問が叶わない場合には、大規模な会場で開催される学校の合同説明会に行ってみましょう。帰国生限定ではありませんが、一度に複数の学校を比較検討することができます。
最近は説明会の参加も事前予約制や抽選制になっているので、早目早目の情報チェックを!

 

 

やるべきこと② 日本の資格試験を取得しましょう

一時帰国の時にやるべきこと3つ

海外在住組は、日本の資格試験の習得がなかなか難しいですね。長期的なスケジューリングに困っているご家庭も多いのでは。
なんといっても一番苦労するのが「英検」。一次、二次と分かれているのがネックです。中には、一次試験で一時帰国し二次でまた帰国、という強者も。

そんなご家庭にお勧めしたいのが「英検S-CBT」。4技能が1日で終わる、コンピュータ利用の英検です。
3級~準1級までが対象なので、多くのご家庭が対象になるのではないでしょうか。

 

ただこの試験は注意点が2つ。
①地域によっては予約がとても取りにくい。
②従来の紙ベースの試験とは流れが違うので、人によってはやりづらいと感じることも。
英検S-CBTサイトで早めに空き状況をチェックしましょう。サイトには試験の受け方の動画もあるので、早目に見ておくことがお勧めです。

 

英検の他に、漢検や数検にも挑戦してみましょう!
・漢検…7級~2級まで、コンピュータ利用の「漢検CBT」で受験が可能です。海外にいるとついつい漢字が後回しになりますが、漢検に合格することを目標に、漢字の勉強は継続したいもの。
・数検…紙ベースの試験のみ。こちらも地域によってはすぐ満席になります。

 

「英検、漢検、数検」は中高帰国生受験を考えるご家庭には強くお勧めします。
計画を立てて勉強し、一時帰国の度に受験するのはモチベーションにもなるのではないでしょうか。
いずれにしても、どの試験も早目に予定を立てましょう!

 

 

やるべきこと③ 過去問、問題集等の日本の書籍を購入しましょう

一時帰国の時にやるべきこと3つ

これも絶対やっておきたいことの一つ。気になる学校の過去問を早めに確保しましょう!学校から、帰国生受験用の過去問を入手するのが理想的です。
併せて、是非一般受験用の過去問も持っておきたいところ。昨今の受験事情を反映し、人気校の過去問は売り切れ必至です。

 

帰国生受験は一般試験と試験内容が違う場合が多いですが、過去問は学校からのメッセージ。学校のカラーが色濃く出るので、似たような問題が出ることがあります。両方見ておくことをお勧めします。
実際に入学したら、この問題が解ける生徒たちと一緒に勉強することをイメージしましょう。

 

そして、必要な問題集や参考書も購入しましょう。海外ではそもそも手に入りにくいですし、仮に現地調達できたとしても値段も高いです。

日本からAmazonという手もありますが郵便事情が悪い国もありますし、送料も時間も掛かります。なんといっても問題集や参考書は、勉強に使いたいときにすぐに手元に欲しいもの。
使うことが見込まれる書籍は購入しておきましょう。

 

帰国生中高受験や資格試験の準備はEDUBALで!

EDUBALの家庭教師の強みは、オーダーメイドの授業が出来ること。それが大手塾との大きな違い。
お子様の状況に合わせた、きめ細かい指導を致します。

帰国生中高受験の科目の指導が出来るのはもちろんのこと、日本の教科の補習や英語の指導も出来る教師が多数在籍していますので英検、漢検、数検の指導もお任せください!

その他、学習相談や受験のカウンセリングができるアドバイザーも在籍しておりますので、ご家庭に寄り添った指導を致します。まずはお気軽にご相談ください。

併せてEDUBALでは、帰国子女の生徒さんとその保護者の方へ向けた、メルマガの情報配信を行っております。ぜひこちらの登録もお忘れなく。

 

 

 

 

筆者プロフィール:EDUBALアンバサダー。
ボランティアで交換留学生のサポートをする傍ら、小中学生の学習指導などにあたる。海外赴任に帯同後、大学3年、中学2年の姉弟はいずれも帰国生受験を経験。

この記事のカテゴリー・タグ

EDUBALへの声

下記では、今までEDUBALで指導を受講された生徒様、保護者様から寄せられた声を掲載しています。
EDUBALで家庭教師をつけるかどうか迷われている方は、ぜひ参考にご覧ください。

  • 生徒にあった授業内容で疑問に対して的確なご指導をして頂き、検定や入試など全てにおいて成果が出ていて感謝しております。また授業の進め方もよく、信頼できます。

    • 英検コース
    • 高1~3
    • 新潟県
  • 勉強に対するモチベーション維持が上手な先生です。 生徒のロールモデルとなって指導してくださいます。

    • 帰国子女高校受験コース
    • 中1~3
    • マレーシア
  • 各入試科目、単元を深く理解されており、丁寧な指導をしていただいています。いつもご丁寧に指導いただきありがとうございます。受験まであと4か月、引き続き宜しくお願いいたします。

    • 帰国子女中学受験コース
    • 小1~6
    • フランス
  • 志望校に合わせ、計画的に指導して頂いております。受験まで後もう少しですが、引き続きどうぞよろしくお願い致します。

    • 帰国子女高校受験コース
    • 中1~3
    • シンガポール
  • ICT機器を上手く使って、息子に寄り添ってご指導下さりありがとうございます。

    • 帰国子女中学受験コース
    • 中1~3
    • コロンビア