生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2018.06.29

帰国子女が高校受験できる愛知県の高校5選

愛知県にある帰国子女におすすめな高校

長い海外生活を終え、日本の高校に通うとなると急激な環境の変化に戸惑う帰国子女はとても多いです。そのような帰国子女のために、今回は国際教育に力を入れている高校や帰国子女が多い高校など、愛知県にあるおすすめの高校を5つご紹介します。

94b5844e8381120b5bd4034e14330eac_s

①愛知県立千種高等学校(国際教養科)

〜帰国子女人気No.1 不動の人気帰国子女受け入れ校〜

帰国子女の割合
★★★★☆
国際教育
★★★★☆
進学実績
★★★☆☆

千種高等学校の国際教養科は愛知県内で英語に力を入れている学校としてとても有名です。
クラスのおよそ3割程度が帰国子女によって構成されています。
ネイティブスピーカーである教師による英会話の授業だけではなく、海外研修英語でのスピーチの学習などにも取り組んでいるため、帰国後も安心して英語力を維持することができます。
過去にはハーバード大学やカリフォルニア大学ロサンゼルス校などの有名大学へ進学した生徒もいます。
自由な校風充実した英語教育が帰国子女に強い人気を誇る理由です。

②名古屋市立名東高等学校(国際英語科)

〜「世界中どこでも役立つ人」を目指すグローバル教育〜

帰国子女の割合
★★★☆☆
国際教育
★★★★☆
進学実績
★★★☆☆

普通科の2倍である、総授業時間数の約1/3が英語で行われています。
また、国際教育の一環として2年次の秋には海外修学旅行に行きます。
国際英語科のクラスには毎年留学生が在籍しているため、海外にいたときと似た環境で学校生活を送ることができます。
高校卒業後は、筑波大学、東京外国語大学、名古屋大学など全国各地の国公立、私立大学へ進学しています。

③名古屋国際高等学校

〜国際教育に力を入れている高校ならここ!注目の国際人育成校〜

帰国子女の割合
★★☆☆☆
国際教育
★★★★★
進学実績
★★☆☆☆

「話す」「聞く」という音声言語に最も力を入れており、入学当初からネイティブスピーカーによる使用言語100%英語の授業が行われます。
また、海外研修の機会も多く実際に学んだ英語を実践に移すプログラムも充実しています。
英語を母語とする外国人教師在籍数は東海地区No.1。
さらには愛知県唯一の、世界共通教育プログラムである国際バカロレア認定校であるため、国際教育に力を入れている高校に行きたい生徒様にはおすすめの高校です。

④愛知県立刈谷北高等学校(国際理解コース)

〜自由な校風!語学教育に熱い進学校〜

帰国子女の割合
★★★☆☆
国際教育
★★★★☆
進学実績
★★★★☆

「英語コミュニケーション能力」「多文化理解」「国際交流」の3つを軸にした刈谷北高校の国際理解コース。
コミュニケーション能力に重点を置いた英語教育や姉妹校との海外研修など、語学教育にはとても力を入れている高校です。
校則があまり厳しくないため、海外生活の長い帰国子女にとって窮屈ではない学校生活を送ることができます。
また、毎年早稲田大学や慶應義塾大学のような難関私立大学へ学生を輩出しています。

⑤愛知県立豊田西高等学校

〜理系必見!帰国子女に人気のスーパーサイエンスハイスクール〜

帰国子女の割合
★★★☆☆
国際教育
★★★☆☆
進学実績
★★★★★

豊田西高校は、帰国子女の受け入れを積極的に行っているだけではなく、スーパーサイエンスハイスクール(SSH)として理系の勉強にも力を入れています。
SSHのプログラムの一環で、イギリスへ研修に行くなどのグローバルな取り組みも行われています。
また、学力レベルも高く、毎年東京大学や京都大学のような難関国公立大学に複数の生徒を送り出す進学実績を誇っています。
将来は理系の勉強がしたい生徒様には非常におすすめの高校です。

終わりに

いかがでしたでしょうか。
都内には他にも帰国子女が高校受験できる高校が多くあります。近年は多くの高校が国際教育に力を入れています。
この記事が少しでも皆様の高校選びの参考になれば幸いです。

また、EDUBALでは帰国子女受験をお考えの皆様のサポートに力を入れております。対策をご希望の方はもちろんのこと、学校選びにお悩みの方や帰国子女受験について不安がある方も、お気軽にご相談ください。なお、こちらは2018年6月時点の情報であるため、受験をされる際には必ず事前に高校のHPをご確認ください。

 

関連記事:英検で帰国子女入試が有利になる首都圏の高校9選!

帰国子女枠受験で人気の高校ランキング

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る