生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

SAT短期コースバナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2020.01.20

2020年秋より新設!上智大学の英語学位プログラム(SPSF)|プログラム紹介

Sophia Program for Sustainable Futures

2020年度秋学期より、上智大学で新しい英語学位プログラム「Sophia Program for Sustainable Futures(SPSF)」が新設されます。
上智大学は、これまでも国際教養学部、理工学部英語コース(グリーンサイエンスコース、グリーンエンジニアリングコース)において英語で学位が取得できるプログラムを開設しています。
今回は、上智大学で3つ目となる英語学位プログラムをご紹介します。

英語学位プログラム「Sophia Program for Sustainable Futures」の概要

 

2020年度から既存の総合人間科学部教育学科・社会学科、経済学部経済学科、総合グローバル学部総合グローバル学科で、2021年度から文学部新聞学科で、2022年度から経済学部経営学科で開設されます。
プログラムの内容としては、出願時に選択した学科の専門分野を英語で学びながら、SPSFの共通科目や他学科の授業も履修し、自分の専門領域とそれ以外の領域の勉強を同時に深めていくことができます。
卒業時に、学士(新聞学・教育学・社会学・経済学・経営学・国際関係論・地域研究のいずれか)の学位を取得できます。
グローバル化した世界で、直面する諸問題を解決するために必要な広い視野と多様な価値観を身につけるために、一つの専門を軸とした幅広い教養を英語で身につけることを目的としています。

英語学位プログラム「Sophia Program for Sustainable Futures」の特徴

Sophia Program for Sustainable Futures(SPSF)は大きく分けて以下の3つの特徴があります。

全ての授業が英語で行われ、7つの分野で学位が取得可能

英語で行われる専門科目以外にも、日本語が得意ではない学生のための日本語科目や、SPSF外で開講されている日本語の授業も履修可能です。

課題意識と解決力を養成

“Sustainable Future” (持続可能な未来)というテーマのもと、4年間を通じて課題意識と解決力を養います。
1年次には、テーマについて考える上で必要な理論を学んだり、実践的な取り組み事例を学んだりして課題解決の手法を学びます。次に、2年次〜3年次は、各学科の専門科目を通じて、アカデミックな視点による課題解決方法を学びます。そして、3年次〜4年次は、グループワークを中心とした演習を通じて、より具体的な課題解決について研究します。より研究を深めたい方は卒業論文やゼミ論文にまとめることができます。

実践的な学びの場を提供

フィールド調査、インターンシップなど、学内外で実践的な学びの場を設けています。
実際に、海外などにも足を伸ばして、アジアを中心とした世界各国も対象とし、海外大学への留学プログラムや、海外でのフィールド調査・インターンシッププログラムなども設けられる予定です。

英語学位プログラム「Sophia Program for Sustainable Futures」の入試

「Sophia Program for Sustainable Futures」の入試は以下のように実施します。
詳細は上智大学公式HPをご覧ください。
>>SPSF admissions information

入学時期 秋入学(9月入学)のみ
入試方法 書類選考
(SAT/ACTスコア/IB Diplomaスコア、TOEFL/IELTS、エッセイ等による書類選考)
入試時期 第1期:11月~12月出願、2月合否発表
第2期:3月~4月出願、5月合否発表
募集人員 各学科若干名 (各学科の入学定員の範囲内)

※本プログラムは現在計画中であり、内容が変更になる可能性があります。

 

帰国子女の大学受験対策はEDUBALにお任せください!

EDUBALは難関大学に通う帰国子女の大学生と、家庭教師を探している帰国子女の生徒をつなぐ家庭教師サービスです。
EDUBALでは、インターネットのビデオ通話と通して授業を行うため、帰国する前から受験対策を受けることができます。
・突然帰国をすることになったので、個別の対策をしてほしい!
・面接やエッセイの添削をしてほしい!
・苦手科目対策をしたい!
・志望校別対策をもっとしたい!

など、一人一人の生徒さまに合った指導ができるのは一対一の家庭教師ならでは。
帰国子女大学入試の対策をお考えの皆さま、まずはEDUBALにご相談ください!

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る