生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

高校説明会 国際高専バナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2020.03.18

IB体験談 スペイン語DPからLancaster大学に合格!A.T.さんの場合

この体験談はこのような方にオススメです!
・初めての海外経験・初めて触れる言語でIBをとる人
・イギリスの大学を目指している人
・ロールモデルを発見して励みにしたい人

 

【初めて触れるスペイン語でIBを取得し、英Lancaster大学に進学しました】

M.S.
所属大学: Lancaster University(イギリス)
IB取得校: 海外現地校
IB取得科目: 【HL】English B HL, History HL, Spanish A: Literature
【SL】Business and Management SL, Biology SL, Mathematical Studies SL
IB取得点数: 27点

EDUBALでは、イギリスの大学に精通したEDUBAL専属カウンセラーと、国内外の難関大学に在籍する大学生教師により、出願からIB・TOEFL・IELTSの勉強志望理由書作成まで、大学留学をサポートいたします。

イギリスの大学への進学をお考えの方はこちら

 

IBを始める時はどのような気持ちでしたか。

両親の仕事の関係でメキシコの現地校に就学することになり、一からスペイン語を勉強しスペイン語でDPを取得しなければならないと聞いた時はどう乗り切ればいいのか分からず不安でした。スペイン語でDP科目の対応をしてくれるオンラインのチューターさんもいなかったため、ひたすら自力で、文法等を学び着実に科目特有の単語取得をしていました。

 

IBをやっているときに一番苦労したことは何ですか?

私の通っていた現地校は、IB・国内独自のプログラムの両方を完了しなければならなかった為、毎日宿題や課題に追われ寝るまもない日々が続き大変でした。教科ごとにIAのシラバス・試験形式等も異なっていた為、各試験形式に適したアプローチをバランスよく学習し、適当な時間配分を確保する事に苦労しました。勉強と並行して週6時間のCAS活動もしていた為、時間の管理に大変苦労しました。

 

IBのなかで一番難しいと感じた科目は何ですか。またどのように克服しましたか

スペイン語と生物の習得に一番苦労しました。スペイン語が母国語でないこともあり、スペイン語の文を読み取り解釈するのに頭を悩ませていた時期もあったのですが、先生方の助け、そしてたくさんのスペイン語の本を読む事によって少しづつ苦手意識を克服していきました。生物に関しては、暗記しなければならない単語、実験等がたくさんあった為、授業前にはIB Biology course bookを使用し予習・復習を欠かさずしていました試験前には、Barron’s IB Biologyという本に記載されている練習問題、過去問題を解いて問題への対応力を深めていました

 

IBを乗り切るために一番大切だと思うことは何ですか。

やはり、自主学習だと思います。どの教科に関しても自主学習を欠かさずこなしていれば、それが必ず力になり、試験結果にコミットすると思います。ひとりで集中力とメンタルを保つことは大変難しいことではありますが、同じ志を持った友人と励まし合いながら一緒に乗り切れば、辛いIB生活も思い出の一部になると思います。

 

IBを学んで一番よかったと思うことは何ですか?

私の通っていた学校の場合、科目が選択できず学校指定の科目だっため自分が学びたい学問とは異なる科目も多かったのですが、IBで得た広い視点で物事を見る事によって自分の学習している専門分野等にも違った形でアプローチでき、物事にユニークなソリューションを見出すことができるようになったと思います。特に、CASを通じて身近なヒトとの関わりの大切さや、ひとりひとりが持っているポテンシャルやインパクトに気づくことができ、大変嬉しく思っています。

 

EEではどのようなエッセイを書きましたか?

EE(English B/ Social Anthropology)では映画『万引き家族』からみた幸せのカタチをリサーチしました。Social Anthropologyベースだったので主にSource Analysisを用いたリサーチを行いました。プロセスでは、『万引き家族』の映画・小説はもちろん、社会学の観点から見る日本社会の構造等を調べました。TOKでは、画家バンクシーから見た現代社会とそれを取り巻く問題等についてのエッセイを書きました。

 

大学受験において、IBをどのように活用しましたか?また、大学受験で苦労したこと、楽しかったことを教えてください。

IBDPの点数・CASの成果を利用してに今在籍しているの大学に入学することができました。元は、CENEVAL(メキシコの統一試験)を利用しメキシコ国内の医学部に入学する予定でCENEVAL対策をしていたのですがIBを取得する事によって、世界各国の大学にアプライできる可能性を知り自分をチャレンジしたいという思いでイギリスの大学への留学を決めました。アプライするにあたって、Personal statementを書かなければならなかったのですが、CASで得た経験がアピールポイントにも繋がり思っていたより気楽に書けてよかったです。


A.T.さん、貴重な体験談ありがとうございました!

 

IB対策や海外大学進学でお困りの方はEDUBALにご相談ください

EDUBALは難関大学に通う帰国子女や元IB生の大学生教師と、家庭教師を探している現役IB生やPre IB生をつなぐオンライン家庭教師サービスです。

EDUBALでは、インターネットのビデオ通話を通して授業を行うため、世界中どこにいても授業を受けることができます。また、帰国子女受験を経験している教師も多く在籍しています。

これまでにも、

・IBをやっていた先輩に相談したい!
・海外大受験・帰国子女受験の提出資料の作成のサポートをしてほしい!
・IBが始まる前に予習がしたい!

などのお悩みを抱えた生徒さまに、IBを経験した大学生の教師をご紹介し、
オンライン家庭教師の指導によってIBが始まる前の勉強のサポートをしてきました。

EDUBALには約600名のIB経験者の大学生が教師登録をしています。

実際にIBで高得点を取得した教師が、自らの経験に基づいてIBに向けた準備をサポートいたします。
東京大学や京都大学をはじめとする国内外の難関大学に通っている教師や、IBで40点以上を取得している教師も多く在籍しています。

実際に、EDUBALを受講した方からは、

「実際にIBを経験した方だったので、的確な指導をしてもらえた上に、日本語で教えていただけたことで今まで分からなかった点が理解できるようになりました。」

「担当の先生も私と同じように英語力に悩んでいて、同じ悩みを抱えていた先生から指導を受けることができたのでとても参考になりました。」

といった声をいただいています。

現在、無料体験授業も実施しておりますので、IBや国内外の大学進学でお困りの皆さま、まずはEDUBALにご相談ください!

 

SAT短期コースバナー

【先輩IB生の体験談も掲載!】
国際バカロレアって何?という方のための「IB丸わかりBook」を作成しました。
 IBって何を勉強するの?
 IBを取るべきか迷っている…。
 IBはどこで学べるの?
などの疑問にお答えします。
ダウンロードは無料です!

詳しくはこちら

 

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る