生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

高校説明会
エデュバル無料メルマガの魅力

2020.05.25

過去問だけでは不安…という方必見!都立国際IB(国際バカロレア)コース入試対策をしてきたからわかる入試の対策法

平成27年4月からIB(国際バカロレア)コースを開設し、帰国子女に人気の都立国際高校。IBコースの試験問題は独特なため、合格のためには特化した対策が必要です

 

都立国際IBコースの検査問題は一般公開されています。しかし、公開されているのは過去3年分のみで、これらを解くだけでは不安…という方は多いのではないでしょうか。

 

EDUBALでは、都立国際高校IBコースの対策を行い、これまで10人以上の合格者を輩出しています。この記事では、その中で得たノウハウをもとに、都立国際IBコースの問題の傾向や受験に向けた対策法まで詳細に掲載しています。 「都立国際高校IBコース入試対策コース」で行っている対策も公開します!

目次

  1. 都立国際高校IBコース入試対策:入試対策を始める前の基礎知識
  2. 都立国際高校IBコース入試対策:数学検査
  3. 都立国際高校IBコース入試対策:英語検査
  4. 都立国際高校IBコース入試対策:小論文
  5. 都立国際高校IBコース入試対策:個人面接
  6. 都立国際高校IBコース入試対策:集団面接
  7. EDUBALの「都立国際高校IBコース入試対策コース」とは?
  8. 都立国際高校IBコース入試対策はEDUBAL

都立国際高校IBコース入試対策:入試対策を始める前の基礎知識

都立国際高校IBコース入試は二回実施

都立国際高校IBコース入試は4月入学、9月入学の2回実施されています。
問題傾向としてはどちらも変わらないので、対策法を変える必要はありません。

 

必ず公式HPをチェック

都立国際高校のWebsiteでは、都立国際IBコースの過去問だけでなく、選抜の基本的な考え方や選抜方法まで詳しく掲載されています。入試前に必ず確認しておきましょう。
現在は2020年度の試験に関する情報が公開されています。
2021年度試験の日程や入試科目は2020年11月以降に公表されます。

 

試験内容

こちらが都立国際高校が公開している、2020年度1月に実施されたIBコース入試の試験内容です。

出典:http://www.kokusai-h.metro.tokyo.jp/ib/exam/index.html

 

使用言語を選べる

使用言語として日本語・英語を選択し受験することができます。
ただし、2020年度入試から、科目ごとに使用言語を選ぶことができなくなりました。
例えば日本語を選択した場合、英語以外のすべての受験科目を日本語で受験することになります。
2021年度も同じ形式になる可能性が高いため、予め使用言語は決めておきましょう。

 

小論文、個人面接の配点が高い

試験概要を見るとわかるように、「小論文」「個人面接」は各200点と配点が高くなっています。
つまり、この2つの科目をいかに対策しておくかが、都立国際IBコース入試の試験対策では重要になってきます。

 

数学・英語は一定の水準を満たせばOK

数学・英語に関しては一定の水準をクリアしていればOKのため、満点を目指す必要はありません。
しかし、この水準をクリアできず不合格になってしまう方は多いです。
特に数学検査は日本ならではの問題形式で出題され、出題範囲も日本の中学数学から出題されます。海外の学校に通われていた方、日本の数学を勉強していない方は特に注意が必要です。

都立国際高校IBコース入試対策:数学検査

数学検査は一定の水準を満たせばOK

都立国際高校IBコース入試の数学検査は総合成績に含まれず、点数が一定の水準を満たせばOKです。
また、都立国際高校IBコース入試の数学は出る分野と出る順番がパターン化されており、対策がしやすいです。

 

大問1は小問集合

大問は例年4つです。
大問1は小問集合で、因数分解や連立方程式、確率の問題が多く出題されます。作図もかなりの頻度で出題されています。
これらの分野については必ず基礎を学習しておきましょう。
ちなみに、2019年度4月の試験では以下の分野が出題されました。

大問1
(1)平方根の計算
(2)連立方程式
(3)2次方程式
(4)確率
(5)作図

 

大問2~4もパターン化されている

大問2~4では二次関数、平面図形、空間図形がほぼ毎年出題されています

平面図形に関しては、面積を求める出題、座標を求める出題が多いです。
また、相似や合同を証明する証明問題も出題頻度が高いです。証明問題は苦手な方が多いですが、書き方のコツを掴めば楽に解けるようになります。何問も解いて出題パターンや証明の書き方に慣れておきましょう。

空間図形では、途中式を書くことを求められることが多いです。本番では答えだけでなく、途中式もしっかり書きましょう。

 

数学は意外な落とし穴

総合得点に含まれないということで、数学を重視していない方は多いかもしれません。
しかし、都立国際のIBコースを志望される方でこの数学に苦戦する方は例年多いです。
それは、都立国際高校IBコース入試の数学は典型的な日本の数学の問題で、海外の学校とは出題形式やレベルが全く異なるためです。
海外の学校に通っていた方は都立国際高校IBコース入試の過去問を事前に確認し、解けるかチェックしておきましょう。

 

時間内に解くことを意識する

本番の数学試験で水準をクリアできなかったという生徒様に多いのが、「時間があれば解けたのに」というお悩みです。
当然のことながら、本番の試験では時間制限があります。その問題を解ける学力があったとしても、時間内に解けなければ得点にはなりません。日頃から速く正確に解く癖をつけるのが大事です。

パターンが決まっていても、そもそも数学が苦手で問題が解けないという方や、過去問を解くといつも時間をオーバーしてしまうという方は、家庭教師を検討するのも一つの方法です。
一対一の指導なら苦手科目を集中的に学習することができますし、授業中に問題を解くことで時間内に解くコツを掴んでいくことができます。

 

★数学検査対策はEDUBALの短期10時間コースがおすすめ
EDUBALでは10時間/20時間パックのいずれかをお選びいただき、短期集中型で対策を行います。また、英語での指導を行うことも可能です。
  指導形式は生徒様のご希望によってカスタマイズ可能ですが、以下の2パターンの指導が多いです。
-過去問を使って実践的な指導を行う形式
-教師から生徒様に合った教材を提案し、授業を行う形式で授業を行う形式
  マンツーマンでの指導なので、生徒様に合わせた指導スタイルで進められるのも大きな特長です。
「解説を読んで理解したつもりでも、いざ実際に解いてみたらできない」という生徒様であれば、授業中に問題を解く時間を設け、その場で教師が解説を行います。そうすることで、学習内容の理解が深まり、定着率も高まります。
  また「時間内に正確に問題を解く力を身につけたい」という生徒様であれば、授業内で時間を計って問題を解くというスタイルがオススメです。普段から時間を意識した解き方をすることで、本番でも時間に余裕をもって解き終えることができます。

都立国際高校IBコース入試対策:英語検査

英語検査は適・不適の判定のみ

英語試験も、数学と同じく適・不適の判定のみに使用され、総合成績には含まれません。
レベル感としては、準一級レベルの英語力は必要かと思います。合格者の中には、一級を取得している方も珍しくありません。

大まかな形式は以下の通りです。

【筆記試験】
大問1:Listening
大問2:Reading(長文を読み、内容について正しい答えを選択する)
大問3:Writing
【面接試験】
Speaking

 

Readingは要注意

都立国際IBコースを志望される生徒様は、英語力に自信のある方が多いかと思います。しかし、英語試験のReadingに関しても注意が必要です。
なぜかというと、文章の流れにそった出題がされない場合があるからです。

例えば英検では、文章の流れに沿った順番で問いが設置され、最後に全体に関する問いが出される傾向があります。
しかし都立国際IBコース入試の英語では、必ずしもこの順番で出されません。そのため、あらかじめ過去問を解き、独特の出題形式になれておくことが必要です。

都立国際高校IBコース入試対策:小論文

小論文ではデータが与えられる

小論文試験ではデータが複数与えられ、それをもとに小論文を書くことになります。

例として、2020年度入試の出題内容を一部抜粋します。

テーマ:日本の食品ロスの課題について
”資料1から資料4より分かる日本の食品ロスに関する課題を一つ述べ,その課題に対して、下のリストから立場を一つ選び、誰に対してどのような内容の解決策を提案するか述べなさい。自分が選んだ立場と、誰に対して提案をしているのかを明確にして答えなさい。”

 

資料を分析する力、論理的に説明する力が試される

出題内容からわかるように、小論文試験では大きく2つの力を鍛える必要があります。

-与えられた資料・グラフを分析する力、解釈する力 -論理的にわかりやすく、自分の言葉で表現する力

 

-与えられた資料・グラフを分析する力、解釈する力
問題用紙に書かれている資料が何を表しており、数字がどのように変化しているのかを把握する必要があります。
特に、以下の点に着目してみると書きやすくなるでしょう。
-変化点、相違点を探す
-大きな変化に注目する

 

-論理的にわかりやすく、自分の言葉で表現する力
小論文を繰り返し書き、第三者に添削してもらうことで鍛えていくのが最も効果的です。
過去問を参考に、テーマを決めていくつか小論文を書いてみましょう。
家庭教師に添削を依頼すると、添削だけでなく書き方のコツや勉強方法まで教えてもらえるのでおすすめです。

 

★小論文対策はEDUBALのIB校入試小論文コースがおすすめ
小論文の添削と30分のオンライン授業がセットになっている特別コースです。事前に生徒様の書いた小論文を教師が添削し、個別で30分間フィードバックする授業形式です。論理的な文章の書き方、データの読み取り方、アイデアの出し方まで、小論文の書き方のコツを効率よく学ぶことができます。
教材は、都立国際高校IBコースの過去問の他に、EDUBALのオリジナル問題も使用します。毎回異なるテーマについて小論文を書くことで、初見の問題でもすらすら書ける力が身に付きます。EDUBAL独自の評価基準をもとに、教師が5つの観点から生徒様の小論文を採点し、改善点を丁寧にアドバイスします。

都立国際高校IBコース入試対策:個人面接

個人面接は前半が質疑応答、後半はAB問題

都立国際高校IBコース入試の個人面接は、質疑応答AB問題を含め、15~20分で行われます。
高校の公式HPにも記載されているように、個人面接で見られるのは、IBに対する「強い意志や意欲、探究心、論理的思考力」です。言い換えれば、IBをしっかり理解したうえでIBを学ぶ意志があるのか、IBの理念に合致した生徒かどうかを試されていると言えるでしょう。

※IBの理念を知るには、IB Learner Profileを参照すると良いでしょう。
★IB Learner Profileとは
IB Learner Profileとは、「IBの使命」を具体化したもので、IB生にどのような人物になって欲しいか、という理想の人物像が言語化されたものです。10個の項目が存在します。   詳しくはこちらのページをご覧ください。
IB(国際バカロレア)IB learner profileって何?詳しい説明が知りたい!

 

質疑応答ではオーソドックスな問いが主

志望理由やIBで学びたいことなど、オーソドックスな質問が主です。

 

答え方のコツ

以下の3つの点をアピールすると良いと思います。

①IBを理解しており、IBを学びたいという強い意思があること
IBコースなので、IBの理念や内容について深く理解した上で面接に臨みましょう。

②海外大学に進学したいという意思
都立国際高校は、IBコースが期待する生徒の姿として「海外大学進学に挑戦する強い意志がある生徒」と明記しています。
国内大学ではなく海外大学への進学を希望していることを積極的にアピールしましょう。

③都立国際IBコースを続けていく意思
IBのカリキュラムはとてもハードです。課題が多いうえ、ボランティア活動など時間を取られる授業も少なくありません。
都立国際高校に限らず、せっかくIBコースに進学しても、カリキュラムの途中で離脱していまう生徒もいます。
そのため、「本当にIBコースを続けられるのか」を学校側は厳しくチェックしています。IBを学びたいという熱意を面接官にしっかり伝えましょう。

 

面接練習は必ず行う

個人面接の対策は答えを用意しておくだけでなく、面接練習をしておくことも重要です。
ご両親が面接官となって練習を行う、IBを経験した家庭教師に面接練習を依頼するなどし、練習をしておくことをおすすめします。

 

AB問題は「答えのない問い」

個人面接の後半ではAB問題が出されます。
AB問題では、A、B2つの問いを与えられ、どちらかを選んで回答することになります。

この「問い」には、絶対的な正解がないという特徴があります。
例えば、「美とは何か」と聞かれたとき、あなたならどのように答えますか。

実は、AB問題は、IB科目のTOK(Theory of Knowledge)に非常によく似ています。
このような、人によって答えが分かれるような抽象的な質問は、について考え、論理的に説明することがAB問題では求められます。

 

2020年度入試の出題内容

2020年度入試では、下記の2つの問題が出題されました。

A. 「専門家とは何か?(Explain the concept of an expert.)」
B. 「知的とはなにか?(Explain the cocncept of intelligence.)」

この問いに答えた後、面接官からさらに追加の質問があります。
実際に受験した生徒様によれば、Aを選択した場合、「専門家がもし間違ったことを言ったら、あなたはどうしますか?」、Bを選択した場合、「心を開く人は知的か?」といった質問をされたそうです。

 

★個人面接の質疑応答・AB問題対策はEDUBALのIB校入試面接コースがおすすめ
EDUBALのIB校入試面接コースでは、AB問題対策も行っております。
AB問題は実はIBのTOKとほとんど同じため、IB対策に長けたEDUBALの得意分野です。一見難しそうに見えるAB問題も、攻略法はあります。これまで考えたこともないような設問に対してまずどのような観点から考え始めると良いのか、どのように思考を深め自分の考えを構築していけばよいのか、IB経験者の現役大学生教師が手取り足取り教えます。
さらに、AB問題対策用の教材としてEDUBAL独自のAB問題の予想問題集と、答えのサンプルもご用意。  質疑応答からAB問題まで、都立国際IBコース入試の面接を徹底的に対策できる内容となっておりますので、ぜひご検討ください。

都立国際高校IBコース入試対策:集団面接

集団面接はグループディスカッション

集団面接試験では一つお題が出され、そのお題について他の受験生と話し合い一つの結論を出すことになります。
進行役を決める指示もなく、時間内に意見をまとめる必要があり、練習の成果が合格に直結する試験と言えるでしょう。

 

ディベートではなく話し合い

気をつけていただきたいのが、ディベートではないということです。
賛成・反対に分かれて戦うのではなく、皆で話し合って一つの結論を導くことを求められているので、攻撃的な態度をとる、メンバーを批判するといったことはやめましょう。

 

自分たちに何ができるかを考えさせるテーマが多い

2019年度4月の出題テーマは「日本を旅行する外国人観光客に高校生ボランティアができること(What you can do as a high school student volunteer for foreign tourists in Japan)」でした。
グローバルなテーマではなく、高校生として何ができるか?自分たちができることはなにか?を聞かれやすい傾向にあります。

 

IBの適性があるか、協調性があるかを見ている

公式HPでは、学校側が見ていることとして「思考力、判断力、表現力、コミュニケーション能力、協調性等」を挙げています。つまり、IBに適性があるのか、協調性があり他者とも
コミュニケーションできるのか
を見ているということです。
攻撃的な態度をとることはもちろん、自分ばかり話していてもマイナスです。周りの意見をよく聞き、そこからさらに議論を発展させていけると良いでしょう。

 

自分なりの方法で話し合いに参加する

集団面接では一番最初に発言したり、たくさん意見を出すべきなのかというと、必ずしもそうではありません。 人によって得手不得手があるので、自分の得意なやり方で話し合いに参加しましょう
意見が出てこない人であれば、他の人の意見に賛同し、それを広げていけば話し合いに参加できます。
逆に意見をたくさん出すのが得意な方は、積極的に場を引っ張っていきましょう。

 

★集団面接対策はEDUBALの「IB校入試小論文コース」と「IB校入試面接コース」がおすすめ
都立国際IBコース入試の集団面接では、以下の二点をチェックされています。
  ①IB learner profileの10の項目(特に協調性)に合致している人物かどうか
集団面接では、IB learner profileに合致しているかを見られています。そのため、IBの知識をつけ、IB learner profileの理解を深めることが重要です。
IB learner profileの理解を深めるのにおすすめなのが、EDUBALの「IB校入試面接コース」です。
「IB校入試面接コース」では、IBの知識を深め、IBマインドを鍛えることができます。また、面接練習を通して、論理的に話す訓練も同時に行うことができます。
  ②論理的思考が身についており、また論理的に説明ができるか
集団面接では、論理的思考が身についているかも見られています。論理的思考力を鍛えたい方におすすめなのが、EDUBALの「IB校入試小論文コース」です。
論理的思考力は「書く」ことでより身につきます。「IB校入試小論文コース」では小論文を書き、添削をする、を繰り返し行うため、論理的に考えそれを自分の力で説明する力をつけていくことができます。   以上の2点をおさえた集団面接対策として、EDUBALでは「IB校入試小論文コース」と「IB校入試面接コース」の受講を推奨しています。
詳しいコース内容は、こちらをご覧ください。

EDUBALの「都立国際高校IBコース入試対策コース」とは?

EDUBALでは従来、IB校に通っている生徒様のサポートを行っております。
サービスが拡大するにつれ、現役のIB生だけでなく、IB校を志望している生徒様からIB校の入試対策をしてほしい、という声も多く寄せられるようになりました。
その中でも特にご要望の多かった「都立国際高校IBコース」の入試対策として、4年前に「都立国際高校IBコース入試対策コース」をリリースしました。

【科目別の入試対策コース】
英語・数学対策:短期10時間コース/20時間コース
面接対策:IB校入試面接コース
小論文対策:IB校入試小論文コース

 

「都立国際高校IBコース入試対策コース」は科目別にコースをご用意しております。お好きな科目をお選びいただき、その科目に特化した対策を行うことが可能です。
特にIBの理解度が問われる「面接」と「小論文」の対策は、IB経験者の現役大学生教師が担当します。IBの特性を熟知している教師だからこそ、IB校の求める生徒像について、適切な指導をすることができます
また、EDUBALは日本語でも英語でも指導可能です。
都立国際高校IBコースを目指す方に非常におすすめのコース内容となっておりますので、ぜひご検討ください。

都立国際高校IBコース入試対策はEDUBAL

EDUBALは、帰国子女の方に向けてオンラインで個別に学習サポートを行うサービスです。
指導がテレビ電話を通じてオンラインで行われるため、世界中どこにいても、いつでも家で手軽に現役難関大生家庭教師による指導を受けることができます。

 

都立国際高校IBコースは帰国子女に人気が高く、また試験内容もIBの素地を測るためのハイレベルな内容となっています。合格のためには数学・英語検査、小論文、個人面接、集団面接といった試験科目ごとに特化した対策が必要です。

 

EDUBALの「都立国際高校IBコース入試対策コース」では科目ごとにコースをご用意しているため、各科目を集中的に対策することができます。
「小論文」や「面接」対策はIB経験者の教師が担当し、EDUBAL独自のプログラムやオリジナル教材をご用意しております。ぜひご検討ください。

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る