生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

エデュバル無料メルマガの魅力

2021.03.25

国際バカロレアIB MYP PP(パーソナルプロジェクト)を徹底解説!トピックの決め方からエッセイの書き方までをご紹介!

MYPの集大成ともいえるPP(パーソナルプロジェクト)。MYPの成績はPPでつけられるので、AO入試などを考えている方はPPの成績が重要になってくるかと思います。MYPを受験に使う方は「PPで高得点を取るコツは?」「PPのトピックはどのように決めれば良いの?」などの疑問が尽きないと思います。そこで、本記事ではトピック決めからPPの書き方までご紹介していきます。

 

目次

  1. 国際バカロレアIB MYP  PP(パーソナルプロジェクト):①トピック決め
  2. 国際バカロレアIB MYP  PP(パーソナルプロジェクト):②研究
  3. 国際バカロレアIB MYP  PP(パーソナルプロジェクト):③エッセイの書き方
  4. 国際バカロレアIB MYP  PP(パーソナルプロジェクト):④PPでお困りのあなたへ

 

univ-itバナー

【姉妹サイトUniv-it!のご紹介】
Univ-it!はIB(国際バカロレア)生のための大学進学ポータルサイト。IB生が進学できる国内外の大学を出願条件で検索できます!

 Univ-it!を見てみる


 

エデュバル無料メルマガの魅力エデュバル無料メルマガの魅力

 

国際バカロレアIB MYP  PP(パーソナルプロジェクト):①トピック決め

PPで最初に行うのはトピック決めです。トピックを決めることは「今後どのように研究を行っていくのか」が定まるということです。よって、トピックは慎重に、時間をかけて決めましょう。

 

調べ学習にならないトピックを選ぼう

PPで一番注意しなければいけないことは調べ学習にならないようにすることです。PPはあくまでも研究なので、答えが調べればすぐに出てきてしまうトピックは研究として認められません。ただし、調べた情報を使って自分なりに解釈し、新しいアイディアを生み出すことは研究となります。

トピックのアドバイス:
情報を集めやすいトピックにし、地域や活動に落とし込もう(EX.東京で持続可能なエネルギーを広めるためには?)

 

身近なトピックを決めよう

PPは名前通り、個人的な研究です。「私が興味・関心を持っていること」について研究することが目的になっています。また、研究を行っていく上でモチベーションを保つために自分が興味のあるトピックをおすすめします。

 

研究できるトピックを選ぼう

PPは学生による個人的な研究のため、高度な研究は求められていません。費用のかかる研究や難しいトピックを選んでしまうと、途中でトピックを変更する可能性が高くなってしまいます。トピックを決める際は必ず「学校の設備で実験できるか」を確認しましょう。

 

国際バカロレアIB MYP  PP(パーソナルプロジェクト):②研究

トピックが決まったら、研究に移ります。研究はPPのエッセイで書く内容となっているので、このプロセスに一番時間をかけましょう。

 

研究を計画しよう

研究を行うにあたって計画を立てるのは重要です。計画を立てる際に「答えを得るのには何をする必要があるのか」「各研究プロセスにどのぐらい時間がかかるのか」「研究の計画が上手くいかなかった場合はどうするのか」の3点を考えましょう。

 

研究のプロセスに目的意識を持とう

研究のプロセスを考える際に、「なぜこのプロセスが必要なのか」明確にしましょう。研究をエッセイに示すときに、各プロセスが必要だったことを示す必要があります。必要なプロセスと必要ではないプロセスを区別し、全てのプロセスにおいて目的意識を持ちましょう。

 

アカデミックな研究手法を使おう

研究を理論的に進めるためには手法をアカデミックなものにする必要があります。アカデミックな研究手法を使ったということが研究で高得点を取るために必要になります。

アカデミックな研究手法の例:
① 帰納法・演繹法
② 似た事例から導き出す
③ 実験
④ アンケート
⑤ 信頼性のある先行研究

 

国際バカロレアIB MYP  PP(パーソナルプロジェクト):③エッセイの書き方

PPで行ってきたことをエッセイにまとめます。PPはエッセイで成績がつけられるため、エッセイで研究をわかりやすく説明することが必要です。

 

PPの流れを時系列で全て書こう

PPで高得点を取るにはトピック決めから研究の全てを書くことです。PPの過程全てをエッセイに書くことで、主体的な取り組みが評価されたり、研究のフローがわかりやすく説明できたりすることができます。

 

研究の重要性を説明しよう

「この研究は社会にとってどういった意義があるのか」や「この研究は私にとってどういった意義があるのか」について説明しましょう。そうすることで、研究の重要性を踏まえながら主体的に取り組んだことを示すことができます。

 

研究手法について紹介しよう

「トピックをどのように分析したのか」「なぜその手法を使ったのか」「その手法は妥当だったのか」について説明することで研究手法が論理的だと主張することができます。研究手法を説明することで、研究の論理性を主張するだけではなく、研究の流れをわかりやすく伝えることができます。

 

研究を振り返ろう

エッセイの最後にはPPの振り返りを行います。振り返りをする際に、「研究の欠点・限界」と「次回があればどのようなアプローチができるのか」を考えましょう。

振り返りの例:
① 研究手法の限界(この手法のデメリット)
② アカデミックな手法から導き出した結論と現実の相違
③ PPから学んだこと
④ PPをやり直すことができれば、何か改善する点はあるのか
⑤ PPを踏まえて、今後心がけたいこと

 

国際バカロレアIB MYP  PP(パーソナルプロジェクト):④PPでお困りのあなたへ

PPについてご紹介してきましたが、いかがでしたか?
PPで高得点を取ることは難しいですが、説得力のあるエッセイを書くことで高い点数を取ることができます。本記事でご紹介したアドバイスを踏まえてPPに取り組んでみてください。また、EDUBALでは国際バカロレアの情報を取り揃えているので、何かお困りでしたらご気軽にお問い合わせください

 

EDUBALは難関大学に通う帰国子女や元IB生の大学生教師と、家庭教師を探している現役IB生やPre IB生をつなぐオンライン家庭教師サービスです。

 

EDUBALでは、インターネットのビデオ通話を通して授業を行うため、世界中どこにいても授業を受けることができます。また、帰国子女大学受験を経験している教師も多く在籍しています。

 

これまでにも、

  • 授業のサポートをしてほしい!
  • PP(パーソナルプロジェクト)のサポートをしてほしい!
  • 苦手科目対策をしたい!

などのお悩みを抱えた生徒さまに、IBを経験した大学生の教師をご紹介し、
オンライン家庭教師の指導によってIBの勉強のサポートをしてきました。

 

EDUBALには約600名のIB経験者の大学生が教師登録をしています。
実際にIBで高得点を取得した教師が、自らの経験に基づいてIBの勉強をサポートいたします。
東京大学や京都大学をはじめとする国内外の難関大学に通っている教師や、IBで40点以上を取得している教師も多く在籍しています。

 

実際に、EDUBALを受講した方からは、

「実際にIBを経験した方だったので、的確な指導をしてもらえた上に、日本語で教えていただけたことで今まで分からなかった点が理解できるようになりました。」

「担当の先生も過去に私と同じように英語力に悩んでいた経験があり、同じ悩みを抱えていた先生から指導を受けることができたのでとても参考になりました。」

といった声をいただいています。

現在、無料体験授業も実施しておりますので、IBや国内外の大学進学でお困りの皆さま、まずはEDUBALにご相談ください!

 

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る

EDUBALへの声

下記では、今までEDUBALで指導を受講された生徒様、保護者様から寄せられた声を掲載しています。
EDUBALで家庭教師をつけるかどうか迷われている方は、ぜひ参考にご覧ください。

  • 具体的なテスト対策を自己体験をまじえて指導してくれました。授業がとても楽しかったです。あっという間の10時間でした。

    短期集中コース

    高1~3

    チェコ

  • 先生、短い間でしたが大変お世話になりました。お陰様で先日受けたSAT試験の数学のcalculator のセクションでは、解き方が分からない問題は全く無く、30分で終えてしまい、全問を見直す時間さえありました。本当にありがとうございました。

    短期集中コース

    高1~3

    東京都

  • とても丁寧に教えてくれるので良かったです。分からないジャンルの問題をネットで調べて一緒に解いたりして下さりました。分かりやすく紙に書いて指導してくれたりするので助かりました。

    SATコース

    高1~3

    埼玉県

  • 目標を定めて計画的に指導を進めて下さり、生徒の状況も把握しながら丁寧に指導してくださいました。機会があればまた是非お願いしたいです。

    SATコース

    高1~3

    神奈川県

  • 本人がきちんと理解するまで丁寧にご指導くださり、いつもありがとうございます。引き続きよろしくお願いいたします。

    IBコース

    高1~3

    ベトナム