生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

冬期講習バナー IB座談会バナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2020.05.29

EDUBAL教師が伝授するSAT対策法 -Math(数学)編-

【SAT Reasoning Testとは】
アメリカの大学に進学するために必要な学力をはかる試験

・Mathセクション(Calculatorパート+Non-Calculatorパート)
・Readingセクション(Critical Readingパート+Writing and Languageパート)
各セクション800点満点、合計1600点満点

・Essay(オプション)

 

Mathセクションは、公式が書かれた表が配られたり、パートによっては電卓を使うことができたりするため、しっかりとコツを押さえれば満点が狙えるセクションです。しかし、
「対策法がわからない」
「1人でやってみたけど思うようにスコアが伸びない」
という方もいらっしゃるのではないでしょうか?そこで今回は、実際にEDUBALで指導している教師2人に、SAT Math(数学)の対策法や指導方法について伺いました。

 

●他セクションの対策法はこちら
EDUBAL教師が伝授するSAT対策法-Critical Reading(リーディング)編-
EDUBAL教師が伝授するSAT対策法-Writing and Language(ライティング)編-
SAT Essayで高得点を取るための対策法 3選!

 

SAT数学対策:公式がすぐ思い出せるように練習

インタビューした先生:Y.K.先生
所属大学:東京大学
滞在国:アメリカ・ドイツ
SAT受験回数:6回
SATスコア:(旧SAT)Reading 740, Writing 800, Math 800

※2016年のSAT改変により、現在はReadingとWritingが統合され1つのセクションになっています。

 

専用の参考書を使う

SAT数学は、単語テストに近いような暗記系だという意識を持っています。そのため、教科書を使うよりも、SAT専用の参考書を使うことをおすすめします。数学ができるできないに関わらず、パターンを覚えているか覚えていないかというところが点数に大きく影響してきます。

 

公式と使い方を覚える

わからない問題は2つに分類することができます。

①どの公式を使えば良いのかがわからない
この場合は、どの公式を使えば良いのかを教えます。わからなかった公式は使い方も含めてノートにまとめていき、自分専用の公式まとめを作ります。この公式まとめを覚えることで、どの問題でどの公式を使えば良いのかの判断を素早くすることができるようになります。SAT数学の問題は公式を使えば解けるような問題ばかりなので、問題に対応する公式がすぐに判断できるようになることが重要です。

②公式はわかるが解き方がわからない
この場合は、解き方の解説から始めます。解き方は実際の問題を繰り返し解いていくうちに身につくので、練習あるのみです。過去問を繰り返し解くことで解き方がわからない問題は減っていくでしょう。

慣れてきたら、対応する公式も解き方もわかるなという問題は飛ばして、わからない問題や苦手な問題にフォーカスします。

 

計算量を減らせる問題に気づく

ある程度問題のパターンを覚えてくると、そのパターンの公式を使って解くこともできるが、違う解き方をすると圧倒的に計算量を減らすことができるという問題に気づきにくくなります。もちろん、パターンに沿った解き方でも回答を導き出すことはできますが、計算量が少ない解き方のほうが早く解けるうえ、ミスが減ります。例えば

関数:f(x) = ax^2 + 15
条件:f(3) = 6
f(-3)を求めよ

という問題があるとします。この場合、解き方は2種類あります。

パターンに沿った解き方

①関数に x = 3 を代入して a = -1 を求める。
②f(x) = -x^2 + 15 に x = -3 を代入する。


簡単な解き方

①f(x) には x^2 の項しか含まれていない。
②xの符号が変わっても答えの値は変わらない。
③f(-3) = f(3) = 6




簡単な解き方を使うと一度も計算する必要がなくなり、簡単に素早く答えが出ます。このように、問題文で与えられている条件を上手く使うことで計算量を格段に減らすことのできる問題が、例年何題か出題されています。このような問題が出てきた場合は、最初は生徒さんの解き方を見て、答え合わせの際に簡単に解く方法もあるということを教えます。すぐにパターンに入るのではなく、簡単にできないかと一度考える癖をつけ、なるべく時間に余裕ができるよう工夫します。

 

SAT数学対策:文法の勉強よりも実践的な勉強

インタビューした先生:U.Y.先生
所属大学:大阪大学
滞在国:アメリカ
SAT受験回数:2回
SATスコア:Reading 670, Math 780

 

公式を覚える

まずは、公式を覚えることが重要です。問題を解きながらよく出てくる公式を把握し、なるべく公式リストを見なくても解けるよう練習します。

 

解き方を説明する

公式を覚えたら、次はそれを使って解く方法を勉強します。ここでポイントとなるのが、公式を使いつつ、一番早く解ける方法を見つけ出すことです。ただ公式を覚えただけでは意味がないので、解き方として公式を使う際のコツを覚えます。そのために、解き方を言葉で書いてもらうようにしています。言葉で書くことで、間違えたときに単なる計算ミスなのか、解き方そのものが間違っていたのかがわかるうえ、書くのが面倒なので一番簡単な解き方を考える訓練にもなります。自分の頭の中で考えていることを言語化してステップごとに書いていくことで、問題の解き方のパターンを暗記することにもつながります。

 

SAT数学対策はEDUBALにお任せください

EDUBALは、国内外の難関大学に通う帰国子女の大学生教師と、家庭教師を探している帰国子女の生徒様をつなぐオンライン家庭教師サービスです。SATで高得点を取得した教師も多数在籍しております。また、オンラインビデオ通話を通じた指導ですので、世界中どこでも、いつでもご自宅で受講が可能です。
「帰国大学受験や海外大学進学に向けてSAT対策をしたい!」
「SAT対策とあわせてTOEFL対策もしたい!」

といった様々なニーズに対応しております。

EDUBALではSAT対策として2つのコースをご用意しております。

1.SAT対策コース
実際にSATを取得した教師が自身の経験に基づいて、生徒様一人一人に合った指導を行います。SAT Reasoning TestからSubject Testまで幅広いニーズに対応しております。「自分の持っているテキストを使用したい」「Math以外の科目の対策をしたい」「受験日まで時間に余裕がある」という方におすすめです。

2.SAT Math短期集中コース
オリジナルテキストを用いて、SAT Reasoning TestのMathに特化した指導を行います。
「初めてSATを受験する」「Mathで600~700点を目指している」「3ヶ月以内に点数を上げたい」「Mathに特化した勉強をしたい」という方におすすめです。

生徒様にあったコースをご提案させていただきますので、ぜひお気軽にお問い合わせください!

また、EDUBALでは当社オリジナルのSAT基礎力判定テストもご用意しております。まずはご自身の現状を把握するのが第一歩ですので、「自分のレベルがわからない」という方はこちらもご活用ください!

SAT短期コースバナー

【SAT mathで600~700点を目指す方へ!】
EDUBALのSAT math短期集中コースは、オリジナルテキストを用いて豊富な演習量を確保。チェックテストで理解度を確認しながら進められます。

 詳しく見る

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る