生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

冬期講習バナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2020.07.30

英検2級に合格したい小学生・中学生必見!帰国子女が伝授する1次試験対策におすすめの勉強法!

大学受験で言う「基礎レベル」に当たると言われている英検2級。
小中学校のうちに英検2級に合格していると、英検を使って受験ができる中学校、高校の幅も広がります。

しかし、英検2級1次試験に合格したいが、「各セクションの解き方がわからない」「対策方法がわからない」という悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。このような悩みを解決するために、今回は、英検2級1次試験のセクション毎に試験構成・解き方・ポイントについてご紹介します。

 

●英検2級2次試験(面接試験)対策はこちらをご覧ください
英検2級!帰国子女が伝授する小学生・中学生向けの面接対策(2次試験)ポイント!

  1. 英検2級1次試験対策リーディング勉強法
  2. 英検2級1次試験対策リスニング勉強法
  3. 英検2級1次試験対策ライティング勉強法
  4. 英検2級1次試験対策はEDUBALにお任せ下さい!

英検2級1次試験対策リーディング勉強法

リーディングセクションは3つの大問で構成されています。
・Part 1: ボキャブラリーセクション
・Part 2: 長文穴埋めセクション
・Part 3: 長文セクション

 

Part 1: ボキャブラリーセクション(20問 各1点)

ボキャブラリーセクションでは文全体を読み、文脈から空欄に入る適切な語句を推測します。文章自体は短く読みやすいので、あまり時間をかけ過ぎないようにしましょう。空欄前後に並んでいる語句がキーワードになるので、文章は必ず最初から最後まで読むことをおすすめします。

*ポイント:このセクションでは単語力と文法力が試されます。単語力を上げるには、旺文社が出版している「出る順」を使用すると良いでしょう。出題されやすい単語順に並んでいるので非常に有効です。文法に関しては時制・仮定法・不定詞・分詞など幅広く出題されるので、重要な項目は徹底的に学習しましょう。

 

Part 2: 長文穴埋めセクション (2パッセージ:合計 6問 各1点)

Part 2はPart 3と比べて問題数が少ない上、文章の長さもおよそ260~270語程度で少し短めです。
リーディングのPart 2の解き方は3つのステップに分けることができます。

STEP①: タイトルを読みどのような内容について書かれているのかを推測します。
STEP②: 本文を読み始め、空欄のある文の次の文まで読みます。
STEP③: マークシートに答えを記入後、本文の続きを読み、次の設問に移ります。

空欄を含む文だけを読み正解を特定することは難しいため、前後の文、特に空欄後の文を理解し内容が一致するように文脈から適切な答えを導くようにしましょう。また、キーワードやポイントとなる箇所に下線を引くことをおすすめします。見直す際にヒントとなる箇所がわかりやすくなるからです。 

*ポイント:STEP②に記載されている「空欄のある文の次の文まで読む」というところが重要な点です。一語一句飛ばさず丁寧に文章を読み、内容の理解を深めましょう。       

 

Part 3: 長文セクション(3パッセージ:合計12問 各2点)

Part 3の長文セクションでは2種類の長文が出題されます。1題目は240語程度のメール文、2・3題目は350~370語程度の説明文です。
リーディングのPart 3の解き方は4つのステップに分けることができます。

STEP①: 最初にタイトル / メールの件名・差出人・受取人を読み、内容を推測します。
STEP②: 質問を読み、キーワードやキーフレーズに下線を引きます。
STEP③: 本文に移り最初から読みSTEP②で印をつけたキーワード・キーフレーズが見つかるまで読み続けます。
STEP④: 答えが見つかり次第マークシートに記入します。

本文を読む際は正解の選択肢が他の用語に置き換えられていたり、異なる表現に言い換えられていたりすることがあるため、気をつけましょう。また、2・3題目は説明文であるため、文章の全体構造 / テーマを理解する必要があります。各段落の要旨や結論を把握し、キーポイントとなる部分を押さえましょう。

*1題目のポイント:1題目の長文は2・3題目と比べ文章が短く、語彙のレベルも優しいので読みやすいです。メール文はTOEIC reading and listeningにも出題されているので、TOEICの過去問を数多く解くことをおすすめします。

*2・3題目のポイント:説明文はリーディングセクションで最も難しいパートです。文章量も多く、内容も環境・芸術・医療・ビジネスなど出題されるテーマが非常に幅広いので対策が必要です。気軽に手に取れる雑誌、例えばTimeやTime for Kids, National Geographic Kidsなどをたくさん読むことをおすすめします。また、速読が求められるため、雑誌の内容を短時間で読み切り理解できるよう練習しましょう。

英検準2級1次試験対策リスニング勉強法 

リスニングセクションは2つの大問で構成されています。
Part 1: 会話形式
Part 2: ナレーション形式
Part 3: リアルライフ形式

 

Part 1:会話形式(合計15問 各1点)

このパートでは2人が会話をし、その内容について質問されます。
リスニングのPart 1の解き方は3つのステップに分けることができます。

STEP①: Part 1 の説明が流れている間、もしくは前の問題が解き終わり次第、選択肢を先に読みます。
STEP②: STEP①からこの会話がどのようなことについて話されるか推測します。
STEP③: 音声を聞き、適切な選択肢を選びマークシートに記入します。

このセクションでは、男女2名による2往復の会話がほとんどであるため、1人のスピーカーが3、4回連続で発言することはありません。会話の流れや展開を聞き逃さないよう、集中して解きましょう。また、選択肢では会話文と異なる表現に言い換えられているケースもあるため、注意が必要です。

*ポイント:Part 1 では STEP②が最も重要な部分です。また、回答時間が短いため、ミスのないよう注意して答えをマークシートに写しましょう。

 

 

Part 2: ナレーション形式(合計15問 各1点)

Part 2では60~70語程度の英文が読み上げられます。英文のトピックは、主に地理・文化・生物・歴史上の人物についてです。
リスニングのPart 2の解き方は4つのステップに分けることができます。

STEP①: Part 2の説明が流れている間に選択肢を先に読みます。
STEP②: STEP①からナレーションの内容を推測します。
STEP③: 音声が流れたと同時にメモを取り始めます。
STEP④: 音声を聞きながら答えを推測します。

このパートでは読み上げられる文章の冒頭に集中して聞き取りましょう。話の重要なポイントや説明は文章の冒頭にくることが多いため、注意が必要です。また、内容を記憶することが苦手な方はリスニング中にメモを取ることをおすすめします。文章でキーワード等を書き出すのではなく時間短縮のために、短く、わかりやすく書くようにしましょう。

*ポイント:Part 2はPart 1と比べ、読み上げられる文章が長いため、「どこで」「誰が」「どのように」「何に」ついて話されているのか想像しながら聞くと良いでしょう。文章が長いほか、高度な英文法も文章内で使用されているため、日本の高校レベルの英文法を徹底的に勉強することをおすすめします。

英検準1級1次試験対策ライティング勉強法

英検2級のライティングセクションでは、指定されている用紙(マークシートの裏)にエッセイを書きます。
エッセイの書き方は4つのステップに分けることができます。

STEP①: TOPICを読み、書く内容を把握します。
STEP②: 与えられているPOINTSに目を通します。
STEP③: 書く内容をブレインストームします。
STEP④: そのポイント/ 内容に沿って意見を書きます。

ライティングパートでは、「内容」「構文」「語彙」「文法」の4つの観点から採点されます。Introduction→ Body 1→ Body 2 → Conclusionの流れに沿って書くことをおすすめします。また、テーマは時事的なものが多いため、日頃から時事的なテーマについて自分の意見を持ち、理由を提示できるように練習しておきましょう。

*ポイント:Body 1 / 2を書く際は与えられているPOINTSだけではなく、自分の意見も書くことをおすすめします。他の受験者と内容が被ってしまう可能性もありユニークさに欠けてしまうからです。POINTSに示されていないことを書くことで、他の回答より目立ち、高得点へ繋がりやすくなります。

例題)
TOPIC
Some people prefer to buy food produced in their local area. Do you think people will buy locally produced food in the future?

POINTS
● Local economies
● Safety
● The enviroment
(英検公式サイト2019年度第3回過去問参照)

英検2級1次試験対策はEDUBALにお任せください!

英検2級の各セクションの解き方やポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?一見、勉強しなくてはならないことが多いように感じますが、心配ご無用です!日々の勉強量を自分で設定し、コツコツと勉強することでゴールに近づきます。

 

帰国子女のためのオンライン家庭教師サービスEDUBAL

EDUBALは、国内外の難関大学に通う帰国子女の大学生教師と、家庭教師を探している帰国子女の生徒様をつなぐオンライン家庭教師サービスです。英検を取得した教師も多数在籍しております。オンラインビデオ通話を通じた指導ですので、世界中どこでも、いつでもご自宅で受講が可能です。

「英語力保持やレベルチェックのために英検を受けたい!」
「帰国高校受験に向けて英検対策をしたい!」

といった様々なニーズに対応しております。実際に英検を取得した教師が自身の経験に基づいて、生徒様一人一人に合った指導を行っておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る