生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

高校説明会 国際高専バナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2020.08.13

【2020年度版】インターじゃなくても英語で学べる!英語に力を入れている高校・高専5選

帰国生入試で日本の高校への入学を検討されている方の中には、「海外経験が長いから、英語以外の科目も英語で学びたい」とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。そこで、本記事では英語で他の科目を学べる、「イマ―ジョン教育」を行っている高校を5つご紹介します。「英語力をキープしつつ日本式の勉強をしたい」という方におススメの学校となっています。

なお本記事では、カリキュラムが文部科学省が定める学習指導要領に則っている学校を選んだため、インターナショナルスクールは除外しています。インターナショナルスクールへの入学をお考えの方は以下のページをご覧ください。

目次

  1. 広尾学園高等学校|東京都
  2. 三田国際高等学校|東京都
  3. 国際高等専門学校|石川県
  4. 立命館宇治高等学校|京都府
  5. AICJ高等学校|広島県
  6. 帰国高校受験対策はEDUBALにお任せください!

広尾学園高等学校|東京都

~近年人気急上昇中の名門私立~

広尾学園は、東京都港区にある中高一貫校です。古くから帰国子女を受け入れており、近年はコース新設によりさらなる人気を集めています。英語教育に力を入れており、学生の語彙力アップを目指し、V-P.L.Tという独自の英単語学習システムを導入しています。

 

海外大進学のためのサポートが手厚い

高校のコースは医進・サイエンスコース、本科コース、インターナショナルコースに分かれており、自分の興味にあったコースを選ぶことができます(ただし本科コースに高校入学枠はありません)。英語教育に特に力を入れているのはインターナショナルコースです。インターナショナルコースでは、国語や社会の一部以外は英語で授業が行われます。それぞれの専門分野を持ったネイティブ教員が各授業を担当します。授業でSAT・TOEFL対策を行うなど、海外大学進学のための体制も整っています。2018年以来、毎年70名以上海外大学への合格者を輩出しています。

医進・サイエンスコースでは英語で他教科の授業は行われませんが、医学部や難関大学理系学部への進学を目的とした教育を受けることができます。

三田国際高等学校|東京都

~先進的な教育が魅力の新設校~

三田国際は、東京都世田谷区にある中高一貫校です。2015年に共学化された新設校であり、最新の設備を用いた先進的な教育を行っています。例えば、基礎学力の定着を目的としてr-Testと呼ばれるオンラインの繰り返し型学習システムを導入しています。

 

コミュニケーションベースのオールイングリッシュ授業

高校では本科コース、インターナショナルコース(スタンダード/アドバンスト)、メディカルサイエンステクノロジーコースからコースを選ぶことができます。インターナショナルコースアドバンスト(ICA)では、ネイティブスピーカーの教員によるオールイングリッシュの授業が英語・数学・理科・社会で行われます。双方向のコミュニカティブな授業によって、「読む 聞く 話す 書く」の4技能を総合的に鍛えることができます。スピーチコンテストが毎年開催されるなど、英語を人前でアウトプットする機会が多いのも特徴です。

科学系の教育に力を入れているのも三田国際の魅力であり、科学実験やプログラミング実習などがカリキュラムに取り入れられています。

国際高等専門学校|石川県

~英語で理工系科目が学べるボーディングスクール~

国際高専は、石川県にある全寮制の高等専門学校です。大学と同じ「高等教育機関」である高専では、高校よりも2年長い5年間で専門的な教育を受けられます。中でも、国際高専ではエンジニアとして世界で活躍できるグローバルイノベーターの育成を目指しています。3年生は全員がニュージーランドへ1年間留学し、現地企業でのインターンやプロジェクト活動を行うなど、実践的な学習ができるのも魅力です。

 

英語での理工系リベラルアーツ教育

国際高専の最大の魅力は、英語で理工系科目を学べることです。同校では理工系科目を英語で学ぶEnglish-STEM教育が1年生から行われるので、実用的な英語力を身に着けることができます。数学、物理、コンピュータスキルズ、エンジニアリングデザインなどを学べる理工系リベラルアーツ教育が行われているのが特徴です。

ラーニングセッションと呼ばれる課外学習の時間を設けたり、日本語が苦手な学生のために国語・歴史などを英語で開講するなど、学習サポート体制も整っています。プログラミングやAI、ロボットなど理工系に興味がある方にはおすすめの学校です。

立命館宇治高等学校|京都府

~文武両道が魅力のIB校~

立命館宇治は、京都府宇治市にある中高一貫校です。同校は一条校として関西で初めてIB認定を受けた学校で、生徒の多くが高い英語力を持っています。立命館大学や、英語教育が充実している立命館アジア太平洋大学(APU)などに、学内進学制度で進学できることも強みです。また部活動が盛んで、野球部やアメフト部を始めとした多くの部活動が全国大会に出場しています。

 

IBコースとIM(イマ―ジョン)コースを選べる

高校ではIBコース、IMコース、IGコースの3つのコースを選択できます。
IBコースは、進路指導や放課後補習などのサポート体制が充実しており、IBDP取得率は90%を超えています。生徒の半数以上が海外大学に進学しているのも同コースの特徴です。

一方、IBを履修せずとも英語で授業が受けられるIM(イマ―ジョン)コースも選択できます。IMコースでは1年次にカナダ・オーストラリアなど英語圏の国に留学した後、国語以外の授業で英語イマ―ジョン授業を受けることができます。高校卒業時には多くの生徒がTOEFL ITPテスト550前後まで到達できるほどの、海外大学でも通用する実践的な英語力を身に着けることができます。

AICJ高等学校|広島県

~インターのような雰囲気のIB校~

AICJは、広島県広島市にある中高一貫校です。同校は2009年に西日本の一条校として初めてIB認定を受けました。公用語は日本語とEnglishであり、インターさながらの環境に身を置くことができます。また海外大学への進学実績が良く、2020年度は卒業生113名中44名がミネルヴァ大学、UCLを始めとする海外の名門大学に合格しています。

 

中学から一貫したイマ―ジョン授業

中学3年間では、週34時間中14時間で英語で様々な教科を学ぶイマージョン授業が実施され、高校ではIBディプロマコースと東医H・早慶/国立大コースを選択できます。IBコースではディプロマを英語で履修するため、Japanese以外の教科でネイティブ教員によるオールイングリッシュの授業を受けることができます。また高校1年生の2学期までのPre-IB(IB準備プログラム)を受講することで、IBの履修に備えることができます。

帰国高校受験対策はEDUBALにお任せください!

EDUBALは、帰国子女の方に向けて個別に指導を行うオンライン家庭教師サービスです。
指導がテレビ電話を通じてオンラインで行われるため、世界中どこにいても、いつでも家で手軽に指導を受けることができます。
また、教師は全員帰国子女の現役難関大生です。帰国高校受験を経験した教師も多数在籍しているので、質問やお悩みがある方、帰国高校受験の対策をご希望の方はお気軽にご相談ください。

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る