生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2018.08.25

帰国子女枠受験で人気の大学ランキング【理系版】

東大帰国受験sat

「帰国枠で大学受験をしたいけれど、どの大学がおすすめなのかわからない」「帰国枠で大学受験をしたいけれど、どんな大学があるかわからない」という方は必見!EDUBAL記事編集者が帰国入試を実施している大学(理系)を対象に、以下の3つの観点から総合的に評価しました。

①帰国子女受け入れ体制:帰国子女に対するサポートなど、受け入れ体制の充実度

②英語教育:英語力を維持したい帰国子女が気になる、英語教育の充実度

③入試難易度:帰国子女枠入試の難易度

【第10位】北海道大学(12点)

帰国子女受け入れ体制
★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)
英語教育
★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)
入試難易度
★★★★★★★★☆☆(8点)

第10位は旧制帝国大学の中でも最北端に在する北海道大学です。帰国生は統一試験や自己推薦書などに基づく書類審査の後、各学科に関連する課題論文と面接を行います。北海道大学では教養レベルの英語授業に加え、ネットを通じて英語を独自に学べる環境が整ってます。日本一大きなキャンパスで最先端レベルを行える大学なので、のびのび研究したい方にはお勧めです!

 

【第9位】大阪大学(16点)

帰国子女受け入れ体制
★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)
英語教育
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3点)
入試難易度
★★★★★★★★★☆(9点)

第9位は大阪府にキャンパスを構える国立大学、大阪大学です。2月に外国語学部と理系学部に加え、医学科以外の医学部学科で帰国入試を実施しています。書類や面接、一般入試と同じ学科試験の結果に基づいて合否が判断されます。研究レベルは東大京大と並びと国内トップレベルで、関西で学びたい理系学生にはおすすめの大学です!

 

【第7位】南山大学(17点)

帰国子女受け入れ体制
★★★★★★☆☆☆☆(6点)
英語教育
★★★★★★☆☆☆☆(6点)
入試難易度
★★★★★☆☆☆☆☆(5点)

第7位は愛知県にある私立大学、南山大学です。理系学部では文系学部同様帰国生入試が実施されています。また、およそ60もの科目が英語のみで開講されており、これらの科目で一定数以上の単位を取得するとNanzan International Certificateが発行されます。

 

【第7位】筑波大学(17点)

帰国子女受け入れ体制
★★★★★★☆☆☆☆(6点)
英語教育
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3点)
入試難易度
★★★★★★★★☆☆(8点)

同じく第7位は茨城県つくば市にキャンパスを持つ筑波大学です。前身が東京教育大学であるためか、国立大学では珍しく様々な入試方法に意欲的です。筑波大では帰国生入試に加え、IB入試等を実施しています。筑波大学のキャンパスの周辺にはJAXA等多くの研究機関が存在するため、世界の研究者や最先端の研究に触れ合うことができます。また、英語コースも2020年までに20コースまで増設する予定であり、英語教育に対しても熱心な姿勢がうかがえます。

 

【第6位】岡山大学(18点)

帰国子女受け入れ体制
★★★★★★★☆☆☆(7点)
英語教育
★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)
入試難易度
★★★★★★★☆☆☆(7点)

第6位は中国地方の国立大学、岡山大学です。岡山大学では帰国入試に加えIB入試は二期実施しており、帰国生やIB生の受け入れに非常に積極的な大学です。英語教育はOkaDai English Labと呼ばれるネットサービスを通じて独学できる環境を設けています。IB生には必見の大学です!

 

【第5位】東京大学(19点)

帰国子女受け入れ体制
★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)
英語教育
★★★★★☆☆☆☆☆(5点)
入試難易度
★★★★★★★★★★(10点)

第5位は世界屈指の研究力を誇る東京大学です。東京大学では全ての学部生は2年生の夏学期まで教養課程に在籍し、その後専門課程に進むことになっています。教養課程では文科一~三類、理科一~三類という区分が存在し、すべての科類で帰国生入試を実施しています。理科類では書類に基づく一次選考の後、小論文と一般入試で課される数学と理科2科目の試験、そして面接で合否が判断されます。入学後も文科同様一定レベルの英語能力が認められれば英語のみで開講されるPEAKプログラムの講義を受講できます。同様にTLPというトリリンガルプログラムに参加することができます。

 

【第3位】会津大学(20点)

帰国子女受け入れ体制
★★★★★★★☆☆☆(7点)
英語教育
★★★★★★★★☆☆(8点)
入試難易度
★★★★★☆☆☆☆☆(5点)

第3位は福島県にある会津大学です。会津大学はコンピューター理工学部のみで構成されているコンピューター教育に特化している大学です。帰国生はICTグローバルプログラム全英語コース入試を通じて入学できますが、これは統一試験を含む書類審査のみで合否が判断されます。この入試方法で入学した場合、すべての講義が英語で実施されます。また、会津大学では約4割の講師が外国人講師で、世界レベルのコンピューター研究者・技術者を育成する環境が整っています。

 

【第3位】上智大学(20点)

帰国子女受け入れ体制
★★★★★★☆☆☆☆(6点)
英語教育
★★★★★★★☆☆☆(7点)
入試難易度
★★★★★★★☆☆☆(7点)

第3位は国際的なイメージの強いカトリック系私立大学の上智大学です。どちらかというと文系のイメージが強い上智大学ですが、理系学部も負けてはおりません!上智大学では理系学部でも帰国入試のほか国際バカロレアの成績を主に判断基準とするIB入試を実施しており、その他にも多様な入試を実施しています。帰国子女の受け入れのみならず英語教育にも非常に熱心で、SAIMSやGCPといった英語プログラムの実施やTEAPという独自の英語能力テストの開発を行っています。

 

【第2位】早稲田大学(21点)

帰国子女受け入れ体制
★★★★★★☆☆☆☆(6点)
英語教育
★★★★★★★☆☆☆(7点)
入試難易度
★★★★★★★★☆☆(8点)

第2位は慶應義塾大学とともに日本の私大の双璧をなす早稲田大学です。早稲田大学は9月に帰国入試を実施しており、各学科は一次選考で筆記試験を行っています。理系学科では数学や物理といった理系科目の筆記試験が課され、例年多くの帰国生が合格します。また、理系学部でも教養レベルの英語授業のみならず英語のみで学べるコースが存在します。さらに早稲田は留学生受け入れ数国内最多を誇っており、早稲田大学はネイティブな英語に触れ合うのに適した環境だといえます!

 

【第1位】慶應義塾大学(22点)

帰国子女受け入れ体制
★★★★★★★☆☆☆(7点)
英語教育
★★★★★★★☆☆☆(7点)
入試難易度
★★★★★★★★☆☆(8点)

第1位は福沢諭吉でお馴染みの慶應義塾大学です。慶應の理系学部の帰国生入試では統一試験等による一次選考の後、日本の高校範囲の数学や理科の口頭試問を含む面接が行われます。また、文系学部同様一定数以上の英語で行われる授業の単位を取得した場合終了証を得ることのできるGICプログラムが存在します。

 

終わりに

さて、自分にあった大学を見つけることはできたでしょうか?帰国子女を受け入れている学校は上記以外にもたくさんあります。「もっと多くの学校を知りたい!」「各学校の入試対策などが知りたい!」という方、帰国子女枠受験が可能な大学一覧を是非ご覧ください。

また、EDUBALでは帰国大学受験のためのオンライン授業サービスを提供しております。帰国受験を経験した教師が多数在籍しているので、質問やお悩みがある方、帰国受験の入試対策をご希望の方、お気軽にご相談ください。

 

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る