生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

短期講習バナー
エデュバル無料メルマガの魅力

2019.11.15

国内インターナショナルスクールから中学受験はできるの?国内で中学受験をするための方法を解説!

英語の重要性が高まってきたことで、近年注目を集めている国内インターナショナルスクール。ですがそのほとんどが義務教育課程として認定されていないため、不安を抱えているご家庭も多いはず。
今回は中学受験を考えている国内インター生のご家庭に向け、国内で中学受験をするための方法を詳しく解説しています。一条校とその他の違いや、おすすめの学校なども紹介していますので、ぜひご覧ください!

目次

  1. 「国内のインターナショナルスクールに通っているけど、中学受験はできるの?」
  2. 一条校以外のインター生が国内で中学受験する方法三選
  3. ①国内インター生にも帰国枠入試の資格を与えている学校を受験する
  4. ②一条校の学校に転校して小卒資格を得、中学受験をする
  5. ③インターと公立の小学校のダブルスクール
  6. 国内インターナショナルスクールからの中学受験はEDUBALにお任せ!

「国内のインターナショナルスクールに通っているけど、中学受験はできるの?」

まず、国内のインターナショナルスクールには、一条校として認められている学校と、そうでないものがあります。
一条校を卒業すれば中学校への入学資格を得られますが、そうでないインターの場合、卒業しても基本的に国内の中学は受験できません

そもそも一条校とは?

「学校教育法」の第1条に定められた学校のことであり、義務教育や大学受験資格を満たす学校です。つまり一条校として認められている小学校を卒業すれば、小学校の課程を修了したものと認められ、中学校の入学資格を得ることができます。

インターは「各種学校」扱い

しかし、国内のほとんどのインターは一条校ではなく、「各種学校」扱い、または無許可の学校になります。そこに通う子供は不就学児童生徒となるため、義務教育を受けていないとみなされ、基本的に国内の中学の受験資格は得られません。 学齢児童生徒をいわゆるインターナショナルスクールに通わせた場合の就学義務について つまり、一条校に通う生徒とそれ以外のインターナショナルスクールに通う生徒では、中学受験をする際の選択肢が大きく異なります。

 

国内インター生が中学受験するには

【一条校に通っている人】
小卒資格を持っているので、通常の中学受験が可能です。
【その他のインターに通っている人】
小卒資格を得られないので、通常の中学受験は不可能です。そのため、中学受験をするには工夫が必要になります。
今回はこの方々を対象に、国内で中学受験をするための方法、おすすめの受験校をまとめましたので、以下をご覧ください!

一条校以外のインター生が国内で中学受験する方法三選

一条校以外の国内インターナショナルスクール生が中学受験を目指したい場合、大きく分けて3つの方法があります。

①国内インター生にも帰国枠入試の資格を与えている私立中学を受験する
②一条校の学校に転校して小卒資格を得、中学受験をする
③インターと公立の小学校のダブルスクール

それぞれ、
①小6までインターに通わせたい方、
②インター卒業後の学費がかさむことが気になる方、
③選択肢の幅を狭めたくない方
におすすめです。 それぞれメリット、デメリットがありますので、後の章から一つづつ解説していきます。

①国内インター生にも帰国枠入試の資格を与えている学校を受験する

卒業までインターに通わせて英語力をしっかり身につけさせたい、という方におすすめの方法です。

国内インター生も帰国枠で受験ができる!

基本的に一条校以外のインターナショナルスクールを卒業しても、国内の中学は受験できません。しかし、一部の私立中学では国内のインターナショナルスクール生にも帰国子女枠を適用している場合があります。これらの学校を受験する方法です。
選択肢は少ないですが、多くが帰国子女を積極的に受け入れ英語教育にも熱心な学校ですので入学後も英語力を向上させることができます。
ただしその場合、帰国入試の受験対策が必要になります。

国内インターからでも受験ができる中学一覧

渋谷教育学園渋谷中学校
渋谷教育学園幕張中学校
広尾学園中学校
かえつ有明中学校
■宝仙学園(理数インター)
洗足学園中学高等学校
市川中学校
同志社国際中学校
立命館宇治中学校
開智日本橋学園中学校

※一覧に挙げた学校以外でも国内インター生を受け入れている場合があります。詳しくは各学校にお問い合わせください。

国内インター生におすすめの学校:帰国枠入試編

今回はインター生を受け入れている学校の中でも、特にインター生におすすめな2つの学校をピックアップしました!

首都圏:広尾学園中学校

広尾学園では国際生入学試験を行っており、国内インター生も受け入れています。
国際生募集要項(学校HPに飛びます)
広尾学園では、生徒のニーズに合わせ、さまざまなコースを用意しています。
インター生におすすめなのは、インターナショナルスクールコースです。英語レベルの高い生徒が集まり、ほとんどの授業が英語で行われます。さらに国語や社会科は日本語で学ぶので、日本人としての教養も身につけることができます。
広尾学園の帰国子女入試情報

 

関西:立命館宇治中学校

立命館宇治中学校は、京都府の学校です。この学校が行っている「国際入試」では、国内のインターナショナルスクール卒業生にも受験資格が与えらています。
入試の概要(学校HPに飛びます)
この学校の大きな魅力は、英語グレード別授業とイマージョン授業(IPS)です。英語能力に応じて4グレードの授業が用意されているため、英語力をより伸ばすことができます。また、イマージョン授業では数学・理科・社会を英語で受講し、IBコースに備えることができます。
立命館宇治の帰国子女入試情報はこちら

②一条校の学校に転校して小卒資格を得、中学受験をする

小学校、中学校ともにインターナショナルスクールとなると学費がかかりすぎる、でも国内インターから受験できるのは私立のみでそれも学費が高い…とお悩みの方もいらっしゃると思います。
そんな方には、一条校の学校に小4頃から転校して小卒資格を得、公立・国立の学校を受験することを勧めます。
公立と言っても、最近では特色豊かな学校が増えてきています。特に国際系の中等教育学校は英語教育に力を入れており、学費が安いながらも英語力を落とすことなく通えます。

国内インター生におすすめの学校:公立中学校編

今回は、英語教育に熱心な公立の学校を2つご紹介します!

学芸大附属国際中等教育学校

学芸国際はIBMYP・DPを導入している国立の中高一貫校です。帰国子女に非常に人気の高い学校です。
授業では、IBの趣旨に基づいてロジカルシンキングを鍛え、物事を分析的に考える課題解決学習を重視しています。また、英語で教科的内容を取り扱うラーニング・イン・イングリッシュ(LE)、少人数・習熟度別の英語教育など、英語力を培うための体制も整っています。
インタビュー記事はこちら

 

さいたま市立大宮国際中等教育学校

大宮国際は、2019年度に新設された公立の中高一貫校です。
この学校ではイマージョン教育が行われ、Global Studies、English Inquiryでは英語での指導を、そして英語の授業はディスカッションの時間が多く設けられています。 さらに、生徒の進路設計に合わせ、高2から3つのコースが用意されています。IBDPを目指すグローバルコース、ものづくりをする人を目指すSTEMコース、学んだ知識を創造力に生かす人を育てるリベラルアーツコースの3つです。進路に合わせて、自分に合った勉強をすることが可能です。
インタビュー記事はこちら

③インターと公立の小学校のダブルスクール

インターナショナルスクールは卒業まで通わせたい、でも中学受験の選択肢の幅も狭めたくない…と考えているインター生の親御さんの中には、お子様にダブルスクールをさせている方もいらっしゃいます。
ダブルスクールとはこの場合、インターと公立の小学校にダブルで通うことです。公立の学校に籍を置いておき、インターが休みの日や土曜日などにはそちらに通うことで、中学の受験資格を得ることができます。ただし、二つの学校に通うことになるため、お子様の精神的な負担になる可能性がある、というデメリットもあります。
※自治体によっても扱いが異なりますので、事前に住所地の教育委員会や小学校に相談するようにしてください。

国内インターナショナルスクールからの中学受験はEDUBALにお任せ!

EDUBALは難関大学に通う大学生と、家庭教師を探している生徒をつなぐ家庭教師サービスです。 EDUBALでは、帰国子女中学受験を経験している教師も多く在籍しており、受験対策の指導をすると同時に、帰国入試の受験情報なども得ることができます。 また、帰国入試でなく一般での中学受験経験のある家庭教師も在籍しておりますので、帰国枠入試を考えている方も、一般受験を考えている方も、ぜひお気軽にお問い合わせください!

>> グローバル教育情報トップに戻る