生徒、保護者のためのグローバル教育情報 by EDUBAL

グローバル教育情報では、海外子女向けの最新情報・お役立ち情報を発信しています。

2017.07.05

帰国子女枠受験で人気の中学校ランキング

EDUBAL記事編集者が独自の観点から帰国子女枠受験ができる中学校をランキング化してみました。進学実績、英語教育、帰国子女受け入れ体制の3項目を各10点満点で評価し、合計点(30点満点)が高い上位10校を掲載しています。「帰国子女枠中学受験でどの学校がおすすめなのかわからない、どんな学校があるかわからない」という方は必見です。

SFC 帰国受験

【第10位】東京都市大学付属中学校(18点)

~難関帰国子女枠受験の併願校として人気~

進学実績
★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)
英語教育
★★★★★★★★☆☆(8点)
帰国子女受け入れ体制
★★★★★★☆☆☆☆(6点)

この学校は併願校としての人気があります!一般受験では駒場東邦、桐朋、芝、聖光、栄光などとの併願をする生徒が多いようです。 また、2013年度入試から「I類」「II類」と志望大学ごとに分けたコース制を導入しており、大学進学を見据えた教育方針を打ち出しています。近年設立された学校なので、まだあまり進学実績は芳しくないですが、これから実績も伸びてくるでしょう。 校舎がきれいで、二子玉川にあるので立地も良く環境に恵まれた学校です。

 

【第9位】聖光学院中学校(19点)

~高い進学実績を誇る神奈川の名門校~

進学実績
★★★★★★★★★★(10点)
英語教育
★★★★★★☆☆☆☆(6点)
帰国子女受け入れ体制
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3点)

この学校の強みは、面倒見の良さ進学実績です。独自の教科書でハイレベルな授業を行ったり、夏期講習を先生が自主的に行ってくれるなど、他の学校と比べて先生方の面倒見がよく、塾に通う必要がないことで有名です。帰国子女のための英語の取り出し授業はないようですが、他の科目も含めて授業はトップクラスであることは間違いないでしょう。その点で、帰国生であっても一般生と同じ授業を受けるので他教科(国語や数学など)を伸ばすことができるのではないでしょうか。また、2018年度入試から帰国枠での帰国子女の定義は「海外2年以上在住の生徒」であったのが「海外1年以上在住の生徒」となり、必要な海外在住期間が短縮されました。東京大学への進学率は非常に高く、全国でもトップクラスです。東大進学を考えている生徒様、英語以外の科目もしっかり勉強したいという生徒様におすすめです!

 

【第7位】八雲学園中学校(20点)

~英語に力を入れている中学ランキング1位~

進学実績
★★☆☆☆☆☆☆☆☆(2点)
英語教育
★★★★★★★★★★(10点)
帰国子女受け入れ体制
★★★★★★★★☆☆(8点)

この学校の強みはなんと言っても、英語教育です。八雲学園中学校は、「学習塾が選ぶ英語教育に力を入れている学校ランキング」で第1位を獲得しました。中3になると、中学3年間のまとめの海外研修としてカリフォルニア州にある学校所有の施設に行ったり、中1は週9時間、中2中3は週10時間の英語の授業を受けるなど非常に英語教育が充実しているようです。また、イングリッシュファンフェアー(50名以上の外国人教師を招いて、中3での海外研修に向けて英語力をつける機会)など、ネイティブと話す機会が多く、英語での受け答え、リスニングなど使える英語を学ぶ事ができるような教育が行われています。

 

【第7位】豊島岡女子学園中学校(20点)

~高い進学実績を誇る名門校~

進学実績
★★★★★★★★★★(10点)
英語教育
★★★★★★★☆☆☆(7点)
帰国子女受け入れ体制
★★★☆☆☆☆☆☆☆(3点)

この学校の強みは進学実績が非常に良いことです!女子校の中では全国トップクラスです。その中でも特に、理系に強いことで有名です。 豊島岡は中高一貫校ですが、高校から入った生徒と中学から入った生徒にはレベルに差があります。中学から入った生徒の方が進学実績が良いので、入学するなら中学からがオススメです。この学校の入試では帰国枠は設けておらず、帰国子女だと点数が加算されるという入試方式をとっています。

 

【第6位】洗足学園中学校(22点)

~人気急上昇中の進学校~

進学実績
★★★★★★★☆☆☆(7点)
英語教育
★★★★★★★★★☆(9点)
帰国子女受け入れ体制
★★★★★★☆☆☆☆(6点)

この学校の強みは、海外研修留学のシステムが非常に整っているということです!短期の留学から長期の留学まで10種類以上のプログラムがあるなど、充実した内容になっています。そのため、帰国後もまた留学したい、英語力を維持したいという帰国子女の生徒様にはおすすめです。また、校舎が非常に開放的で趣があり、制服も人気が高いようです。 音楽教育にも力を入れており、なんと生徒の全員がバイオリン、トランペット、クラリネット、フルートの中から一つを選んで学ぶなど、独自の音楽教育にも定評があります。

 

【第4位】頌栄女子学院中学校(23点)

~帰国子女が多い人気の女子校~

進学実績
★★★★★★☆☆☆☆(6点)
英語教育
★★★★★★★☆☆☆(7点)
帰国子女受け入れ体制
★★★★★★★★★★(10点)

この学校の強みは、とにかく帰国子女が多いことです!慶応湘南藤沢中学校(SFC)と同様、学年の人数に対して帰国子女の割合は約2割です。それぞれの帰国生が様々な国の文化を持っているので、異なる文化や価値観が受け入れられる環境があります。また、制服が可愛いことでも人気があります。 校舎が少し古くなっているという評判でしたが、2007年に耐震工事とリニューアルが行われました。 帰国子女が多い上に、図書館にあるEnglish Libraryを利用した授業を行うなど、英語教育も充実しており、英語を強みにしたい生徒様におすすめです。

 

【第4位】攻玉社中学校(23点)

~国際学級で自らの力をのびのび伸ばせる学校~

進学実績
★★★★★★★☆☆☆(7点)
英語教育
★★★★★★★★☆☆(8点)
帰国子女受け入れ体制
★★★★★★★★☆☆(8点)

この学校の強みは、帰国子女のみのクラスがあるということです。帰国枠で入学すると、中学校の間は国際学級という帰国子女のみのクラスに入るので、最初は一般生と混ざることなく「周りが自分と同じ境遇の生徒」といった環境で過ごすことができます。また、英語だけでなく主要3教科はレベル別の分割授業なので、1人1人が自分のペース、学力に合った学習をすることが可能です。

 

【第3位】渋谷教育学園幕張中学校(24点)

〜言わずとも知れた名門〜

進学実績
★★★★★★★★★★(10点)
英語教育
★★★★★★★★★★(10点)
帰国子女受け入れ体制
★★★★☆☆☆☆☆☆(4点)

この学校の強みは進学実績です。今年の東大合格者数ランキングは全国4位と、開成や灘など最難関中学校に肩を並べる実績を残しています。さらには海外の大学への進学実績もあり、 SAT対策を行っていたり、Yale大学入試担当による説明会、海外大学進学説明会を開くなどかなり海外大学への進学については力を入れている様子です。また、シラバス(学習要項)が配られるので、自分の学習プランを自ら設計することができるそうです。

 

【第2位】広尾学園中学校(25点)

~5年連続受験者数増加中の人気校~

進学実績
★★★★★☆☆☆☆☆(5点)
英語教育
★★★★★★★★★★(10点)
帰国子女受け入れ体制
★★★★★★★★★★(10点)

この学校の強みは、インターナショナルコース(帰国生が入るコース)で充実した英語教育を受けることができるという点です。インターコースは、英語数学など国語以外の授業は英語で行われていたり、生徒一人一人の進度に合わせた英単語テストの仕組みがあるので、「得意とする英語をさらに伸ばしたい」「せっかく覚えた英語を忘れたくない」という生徒様にとってはおすすめです!海外大学進学も視野に入れたSAT対策や英検対策も取り入れています。そのため、将来は海外の大学に進学したいとお考えの生徒様にもまたおすすめの学校です。

 

【第1位】慶應湘南藤沢中学校(SFC)(27点)

~帰国子女の多さと最新設備が魅力~

進学実績
★★★★★★★☆☆☆(7点)
英語教育
★★★★★★★★★★(10点)
帰国子女受け入れ体制
★★★★★★★★★★(10点)

この学校の強みは、帰国子女の多さです!頌栄女子と同様、帰国子女が全体の生徒数の2割ほどを占めているので日本に慣れていない帰国生も安心して通うことができます。 帰国子女にとって大事な英語の授業が充実しています。例えば、生徒の英語レベルに合わせたクラス分けがなされていたり、多くのネイティブの先生がいるという強みを活かしてディベートやプレゼン、エッセイの課題など英語を実際に使う授業が多くなっています。 さらに、海外短期留学プログラムが整っているという強みもあります。 また、校舎の設備が最新で、情報教育などをしっかりと行っている時代に即した学校です。 そのような観点から、英語をとにかく強みにしたいと思っている生徒様や、周りが一般生ばかりでとても不安だという生徒様にはおすすめの学校です。

 

終わりに

さて、自分にあった中学校を見つけることはできたでしょうか?ここまで様々な学校を紹介してきましたが、日本国内には帰国子女を受け入れている学校は上記以外にもたくさんあります。「もっと多くの学校を知りたい!」「各学校の入試対策などが知りたい!」という方、帰国子女枠受験が可能な中学校一覧を是非ご覧ください。帰国枠で中学受験が可能な学校のリストを表示し、さらに各学校の入試対策や学校情報などもチェックすることができるようになっています。

また、EDUBALでは帰国中学受験のためのオンライン授業サービスを提供しています。帰国受験を経験した教師が多数在籍しているので、質問やお悩みがある方、帰国受験の入試対策をご希望の方、お気軽にご相談ください。

この記事のカテゴリー・タグ

>> グローバル教育情報トップに戻る